• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

KERAが太宰治の未完の遺作に挑んだ「グッドバイ」が読売演劇大賞受賞

 ケラリーノ・サンドロヴィッチが太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」を舞台化したKERA・ MAP#006「グッドバイ」の読売演劇大賞受賞が決定。さらに本作が最優秀作品賞を受賞、最優秀女優賞に小池栄子、優秀演出家賞にケラリーノ・サンドロヴィッチが輝いた。授賞式は2月29日に行われる予定。

 本作は、昭和23年、太宰治が新聞連載を予定し13回分まで書いた時点で入水自殺を遂げ、絶筆となった小説「グッド・バイ」をKERAが舞台化。太宰が最後に残したユーモラスな仕掛けを基に、軽妙洒脱・荒唐無稽なラブコメディを描く。

 出演は仲村トオル、小池栄子に加え、水野美紀、夏帆、門脇麦、町田マリー、緒川たまきなどが名を連ねる。

 KERA・MAP#006「グッドバイ」は4月6日にDVD発売。特典にはケラリーノ・サンドロヴィッチ×仲村トオル×小池栄子による副音声コメンタリーが収録される。

■受賞決定にあたってのコメント

●ケラリーノ・サンドロヴィッチ
“作品賞”というのは、舞台を作り上げてきた全員に対して頂けたものだという意味で一番嬉しい賞です。
このような何の教訓もない純コメディに最優秀作品賞を与えて頂いたというのもあまり無いことだと思うので、そういった作品を評価して頂いたことも ありがたく感じています。
ハッピーな作品だからということも手伝って、キャストもとにかく皆前向きで、稽古場から非常に雰囲気が良かったことを覚えています。特に最優秀女 優賞を受賞された小池栄子さんには、稽古中から圧倒されていました。
DVDでは、劇場でわからなかった表情や細かい芝居に気づいて頂けると思います。また、初めてこの作品に触れる方にはあまり先入観なく楽しんで頂 きたいので、作り手としては太宰治の原作は後で読んで比べてもらえると面白いかなと思います。

●仲村トオル
『グッドバイ』のポスターをまだ自分の部屋に貼ってあるのですが、見る度にドリームチームだったなあ、夢のような日々だったなあと思っています。
でも、やはり公演が終わってしまうとみんなと一緒にいた空気感、舞台上にあった雰囲気とかは自分の手の中からなくなってしまいます。しかし、最優 秀作品賞として評価していただけたことで、それを言葉と形で残してもらえたのが、とても嬉しいです。

●小池栄子さん
本当にKERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さん、共演者、スタッフの皆様にただただ感謝です。
作品全体もそうなのですが、キヌ子という役自体も稽古場での先輩方のアドバイスを頂きながら作っていったので、全員でとった賞だと思います。
チームワークがとても良く、みんな真摯にこの作品に向き合っていました。本当に仲が良くて、終わってからも「グッドバイ会」を開き、食事をしたり しています。私のこれからの人生において欠かせない人達との出会いでした。

■イントロダクション
 田舎に妻子を残し単身東京に暮らす男・田島周二は、雑誌編集者という体裁の裏で闇商売でしこたま儲け、はたまた何人もの愛人を抱えているという 不埒な男。しかし一転、妻子を呼び寄せ闇商売から足を洗い、真面目に生きようと愛人たちと別れる決心をする。
 田島が愛人と別れるため手を組む美女・キヌ子、彼の多くの愛人たち、そして彼らを取り巻く人々をKERAが新たな視点で描き出す。

原作:太宰 治(「グッド・バイ」)
脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:仲村トオル 小池栄子・
水野美紀 夏帆 門脇 麦 町田マリー 緒川たまき・
萩原聖人 池谷のぶえ 野間口 徹 山崎 一

収録日:2015年9月16日(水) 世田谷パブリックシアター

KERA・MAP#006『グッドバイ』
2016年4月6日発売

価格:¥6,190(本体)+税
収録分数:約172 分

発売元 キューブ
販売元 ポニーキャニオン

(C)CUBE

cubeオフィシャルサイト(http://cubeinc.co.jp/)、ポニーキャニオンにて販売予定

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える