• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『いつ恋』音(有村架純)の亡き母役・満島ひかりが登場 2・22放送の第6話で

 フジテレビ系で放送中の“月9”ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第6話(2月22日放送)に、音(有村架純)の亡き母役・満島ひかりが登場することが分かった。

 満島は第1話で、亡き母役で幼い娘・音に残した手紙を読み上げ、声だけの演技で幼い娘を残してこの世を去る母の愛を表現した。

 その満島が2月22日放送の第6話でついに映像で出演。第6話は、15日放送の第5話で2011年までを描いた第一章が最後を迎え、第二章の幕開けとなる大事な回。この第6話から、5年の歳月を経た2016年の音たちの姿が描かれる。

 音は、母が亡くなった27歳になった。いよいよ自分自身、母が亡くなった年齢に達したという感慨にふけりながら音が母のことを思う回想シーンに満島が登場する。幼い音が砂場で遊びながら母に「恋」についてたずねる。満島演じる母はあふれんばかりの笑顔で「恋とは何か」を音に答えるのだった。

 村瀬健プロデューサーは、満島が演じた「母」について「音の“つっかえ棒”だった大切な手紙を残したお母さんを誰に演じてもらうか考えたとき、満島ひかりさん以外、頭に浮かびませんでした。第1話で声の出演をしていただいた際は、見てくださる方にその言葉だけに聞き入ってほしかったので、その声が満島さんであるという情報はあえて一切伏せたまま放送しました。実際、テロップで名前が出るまで満島さんだと気付かなかった人も多かったようです。第6話で、いよいよその満島さん演じる音のお母さんに映像でも出演してもらいます。母への思い、そして母から受け取った思いを胸に抱いて生きてきた音にとって、その母がこの世を去った年齢に自分自身がなったということはとても大きな意味を持ちます。そのときを迎えた音が思い出す記憶の中で、満島さん演じるお母さんは、この回から始まる第二章における音の恋の行方を占う重要な言葉を口にします。幼い音が発する“恋ってなに?”という質問に対して、彼女が伝える答え。それが、ここから始まる第二章の行方を暗示しています。それは、満島さんに演じてもらえたからこそ伝えられる重要な言葉です。ある意味でこのドラマ全体のテーマともいえる言葉。ぜひご覧いただきたいと思います」と語っている。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

毎週(月)午後9時~9時54分
2月15日(月)(第5話)午後9時~10時9分 ※15分拡大
2月22日(月)(第6話)午後9時~9時54分

■キャスト
杉原 音…有村架純
曽田 練…高良健吾
日向木穂子…高畑充希
井吹朝陽…西島隆弘
市村小夏…森川 葵
中條晴太…坂口健太郎

神部正平…浦井健治
井吹和馬…福士誠治
加持 登……森岡 龍
船川玲美…永野芽郁
丸山朋子…桜井ユキ
源 大輔…我 善導
西野美織…林田岬優

曽田健二…田中 泯

音の母…満島ひかり

■スタッフ
脚本/坂元裕二
プロデュース/村瀬 健
演出/並木道子、石井祐介、髙野 舞
音楽/得田真裕
主題歌/手嶌 葵「明日への手紙」(ビクターエンタテインメント)
制作/フジテレビドラマ制作センター

公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える