• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「キス我慢」映画化発表に歓喜!! マジ歌フェス大盛況

「キス我慢選手権」映画化発表の瞬間!

『ゴッドタン』(テレビ東京系)から生まれた人気企画「マジ歌選手権」のライブイベント「マジ歌ライブまさかの渋公フェスティバル」が18日、都内・渋谷公会堂で行われた。

 会場約2000人の観客と全国24館で行われているライブビューイングの観客がライブ開始を待つ中、まずは狩野恵里アナの開演アナウンスが流れ、先輩である松丸友紀アナに対し「松丸さんから学べることがあったら学びたいくらいです」「最近は入り時間に遅れ気味らしい」と松丸を貶めるような発言を連発して会場の笑いを誘った。

 続いておぎやはぎ・小木博明とキャバクラ嬢・あいなによる「マジ歌ライブを10倍楽しむ注意事項」というVTRが上映され、「テレビで活躍する劇団ひとりやバナナマン・日村勇紀に引け目を感じている東京03・角田(晃広)には、ひときわ大きい声援を送ってやってほしい」「(角田バンドの)風間カメラマンはマジ歌が近くなるとtwitterがひどい。調子に乗るからリプライはしないこと」など愛情が込もった諸注意を促すなど、開始前から客席を盛り上げる工夫が随所に感じられた。

 オープニングアクトとしてまずはおぎやはぎ・矢作兼と大堀恵がステージへ。いちゃいちゃしながら漫才をする「いちゃまん」を繰り広げながら、小木、バナナマン・設楽統、松丸、東京03・飯塚悟志、豊本明長を呼び込んだ。

 マジ歌トップバッターはかわいらしいハチの衣装を着たヒム子(日村)。「恋の女王蜂」を披露すると客席からも「かわいい!」と黄色い声援が上がる中、そこへ劇団ひとりの“さなぎ”が運び込まれる。中から出てきたのはガリガリ君。子供らしいキャラクターとは一変し、2人のダンサーと共にクールな歌とダンスでかっこよく決めた。

 続いてはMC大地(ダイノジ大地洋輔)。見事なラップを披露すると、客席も全員手を上げて乗りのいい様子に大地は「超~、気持ちいい! 歌の間、芸人なのを忘れてた」と感無量。角田バンドでは大竹マネージャーのキーボードが炸裂。「若者たち」のイントロ演奏からボーカルまでをも奪おうと、角田の制止を振り払う暴走ぶりに思わず角田から「ちゃんと秩序を守ってやって!」とバンドらしからぬ発言が飛び出した。

 そしてマキタスポーツ扮するビジュアル系バンド「ダークネス」が登場。他を圧倒する歌唱力で会場中を沸かせた。

 会場の熱気が高まる中、進行役の矢作から重大発表があると告げられる。番組終了をにおわせるような発言から、これまでを振り返るVTRが流れ出すと、ここでゴッドタンの伝説企画「キス我慢選手権」映画化が大発表! 客席からも大きな歓声が起こった。出演者陣も初めて見るという予告編のほか、佐久間プロデューサーたっての希望で映画主題歌を担当することになったサンボマスターからのビデオメッセージも映し出された。

 マジ歌は2周目に入り、ヒム子の「恋する独立国家」や角田バンドの「ココロノハコ」が歌い上げられる。そこへ満を持してGOTO(フットボールアワー・後藤輝基)が客席後方から華やかに登場。黄色い歓声を浴びながらゆっくりとステージに登り、55万円で購入した四角いギターを肩からかけると次第に歓声は笑い声に変化した。

 後藤は前回の「まさかのマジ歌フェスティバル2012」には参加できず、話題曲「ジェットエクスタシー(ジェッタシー)」のPVを披露するに留まっただけに、今回の大歓声に感激した様子。しかし「ヘブン オブ アメリカン(ヘブリカン)」導入部分の口笛では爆笑が収まらず、3回も歌い直すことになるなど、客席も生で見る「ジェッタシー」と「ヘブリカン」の破壊力に最高潮の盛り上がりを見せた。そこへ再びさなぎが現れ、中からはトシムリンの兄で筋肉隆々の“ムキムリン”が登場。おなじみの「抱きしめてイムハタ」を歌い上げた。

 最後に番組7年目にふさわしい歌詞に変更したという「さくら2013年バーション」を出演者全員で大合唱。また、鳴りやまない拍手に応えたアンコールでは、日村、大地、豊本扮する“TMN”が「ベットマイルド」を披露。さらに、直立不動の後藤とベテランコーラス隊の「ヘブリカン アダルトバーション」が力強く歌い上げられ、大歓声の中で幕を閉じた。

「マジ歌ライブまさかの渋公フェスティバル」は、5月4日(土)テレビ東京で放送予定。劇団ひとりが全編アドリブで主演を務める映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」は6月28日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

『ゴッドタン』公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/god/
映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」公式サイト(http://www.god-tongue.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える