• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三池崇史「藁の楯」&是枝裕和「そして父になる」出品!ムービープラスがカンヌ映画祭独占生放送決定

昨年のカンヌ映画祭授賞式の様子 (c)ムービープラスカンヌ映画祭スペシャル 写真ロイター/アフロ

 CS映画専門チャンネル・ムービープラスが、日本時間5月26日(日)深夜に行われる第66回カンヌ映画祭授賞式を独占生中継することを発表した。

 ムービープラスは、カンヌ映画祭の日本オフィシャル・ブロードキャスター。5月26日(日)深夜1時30分に行われる今年のカンヌ映画祭には、三池崇史監督の「藁の楯 わらのたて」と、是枝裕和監督の「そして父になる」の2作品がコンペティション部門に出品されることが決定している。

 日本人監督2名がコンペティション部門に名を連ねるのは、河瀬直美監督の「朱花(はねづ)の月」と、三池監督の「一命」が出品された2011年以来のこと。さらに今回選ばれた2作品のどちらかがパルム・ドールを受賞することになった場合、今村昌平監督の「うなぎ」が1997年の第50回でパルム・ドールを受賞して以来、16年ぶりの快挙となる。

 今年のカンヌ映画祭は、審査委員長にスティーヴン・スピルバーグ監督が決定。オープニング上映作品には、レオナルド・ディカプリオやキャリー・マリガン、トビー・マグワイアなどハリウッドの注目俳優たちが出演するバズ・ラーマン監督作「華麗なるギャツビー」が決定している。

 ムービープラスでは、カンヌ映画祭開催中に「カンヌ映画祭スペシャル2013」と題し特別編成を実施。セレブが多数登場する華やかな開会式のレッドカーペットの様子や、俳優・女優・監督のインタビューなど、ここでしか見ることのできない貴重な映像満載の情報番組、今年の映画祭の見どころを紹介する特別番組なども放送。

 さらに、第63回で、ハビエル・バルデムが男優賞を受賞した「BEAUTIFUL ビューティフル』や、第55回のパルム・ドール受賞作「戦場のピアニスト」、第62回のある視点部門出品作で是枝監督の「空気人形」など、過去の受賞作や関連作も特集放送する。

 第66回カンヌ映画祭の日本公式ブロードキャスター・ムービープラスが送る、授賞式関連番組の放送スケジュールは以下のとおり。

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」(http://www.movieplus.jp

カンヌ映画祭スペシャル2013
『第66回カンヌ映画祭開会式』
5月18日(土) 後0・15~1・15 20、23、26日(60分)
委員長スティーヴン・スピルバーグら審査委員の紹介を中心とする華やかなセレモニー。レッドカーペットには、国際的なスターが数多く登場。

『日本独占!第66回カンヌ映画祭授賞式ライブ』
5月26日(日) 深夜1・30~3・30(生放送) 28、30日(120分)
ハイクオリティな作品が集まる映画祭の中で、自らの名前が呼ばれた時の監督、俳優らの感動をリアルタイムで共有できるライブ放送は
見逃せない! 今年は日本作品の受賞が期待される。

『第66回カンヌ映画祭ハイライト』
♯1 5月20日(月)深夜 1・30~2・00 21、28日(30分)
♯2 5月23日(木)深夜1・00~1・30 24、29日(30分)
♯3 5月27日(月)午後6・30~7・00 30、31日(30分)
映画祭の中で注目度の高い作品の監督や出演者たちのインタビュー、華やかなフォトセッションの様子を送る。

『カンヌ映画祭の魅力』
5月4日(土) 後8・45~8・55(10分)
カンヌ映画祭をより楽しむための情報をお届け。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える