• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

主演・福山雅治も感激!是枝裕和監督「そして父になる」カンヌ出品決定

(C)2013『そして父になる』製作委員会  配給:ギャガ

 第66回カンヌ国際映画祭の記者会見が行われ、10月5日(土)公開の映画「そして父になる」がコンペティション部門に正式出品されることが発表された。

 映画「そして父になる」は、福山雅治主演の是枝裕和監督最新作。是枝裕和監督作品としては、2004年の「誰も知らない」以来、9年振り3回目のコンペティション部門出品となる。

 是枝裕和監督は、「カンヌ映画祭のコンペティション部門という最高の舞台で『そして父になる』のワールドプレミアを行えるのは本当にうれしく、光栄に思います。選んでいただいた映画祭関係者の皆様に感謝します。産まれたばかりのこの映画がどんなふうにあの場所で受け止められるのか?カンヌを出発点にどこまで遠く世界を旅出来るのか?今は期待と不安と半々ですが、福山さん初め、スタッフキャストと一緒にその一歩目をきちんと見届けて来たいと思います」と語った。

 この作品に俳優として出演した福山雅治も「国際映画祭といった大舞台に、今まで参加させていただいた経験が無かったので、今回のお話は聞けば聞くほどすごいことすぎまして。情けないことに、自分という人間はキャパシティーを越えたことが、起こると逆にピンとこないものなんだなと、妙な実感をしております(笑)。とはいえ、心からうれしく光栄に思っております」と喜びのコメント。

 さらに、アーティストとして昨年の上海映画祭でレッドカーペットを歩き、楽曲披露をしたものの、俳優として海外映画祭に参加するのは初になるということで、「映画祭のタイミングはちょうど連続ドラマの撮影中です。ですが俳優人生においてこんな大舞台に行ける機会は二度とないかもしれない、という思いで何とか調整して晴れの舞台に立ってみたいです」と、意気込みを見せた。

 5月18日(土)に開会式が行われる第66回カンヌ映画祭は、授賞式は日本時間5月26日(日)深夜1時30分に開催。映画「そして父になる」は10月5日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

映画「そして父になる」(soshitechichininaru.gaga.ne.jp
10月5日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、風吹ジュン、國村準、樹木希林、夏八木勲
■ストーリー
6年間育てた息子は、他人の子でしたー。
学歴、仕事、家庭。自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。
ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。
血か、愛した時間か―突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。
今この時代に、愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える