• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾主演『家族ノカタチ』元カノ役・観月ありさが再登場

 SMAPの香取慎吾主演のTBS日曜劇場「家族ノカタチ」に、香取演じる主人公の元カノ役で第1話に登場した女優の観月ありさが、第6話で再登場する。

 観月が演じる大野美佳は、香取演じる主人公・永里大介の元恋人。現在は優しい夫と子宝に恵まれ、幸せな結婚生活を送っているという役どころだ。

 第1話では、大介が「自分が結婚に踏み切れなかったから、美佳は妥協して仕方なく、さえない旦那と結婚した」と思っていたのに対し、「結婚するなら、大介ではなく今の旦那だと自分で選んだ」とはっきり答えた美佳。

 観月自身も、「私自身も恋愛と結婚は別だと考えるタイプ。女性は動物的に観察しているというか、肌で感じる部分があって、そういうところが(役柄と)共感できる」と語り、演じた大野美佳という役については、「ところどころに出てきては、悩んでいる主人公を諭していく。忘れたころに出てきます」と説明していた。そしてついに第6話で“こじらせ男子”大介の背中を押す、物語の今後の展開においても重要なキーパーソンとして再登場する。

 香取と観月は、幼いころから共演してきた旧知の仲。過去にTBSドラマでは恋人同士を演じたこともある。観月は今回の共演について「慎吾くんとは幼なじみみたいなもの。リラックスしてできた」と。香取も「(この元恋人役は)ありさ以外なかったよね!10歳くらいから知っているので…」と語っていた。

 日曜劇場「家族ノカタチ」は、TBS系で毎週日曜よる9時から放送中。観月ありさが再登場する第6話は、2月21日(日)よる9時から放送。

日曜劇場「家族ノカタチ」

TBS系
毎週日曜よる9時放送

■第6話あらすじ
葉菜子の“結婚しない理由”を受け止めきれない大介は、葉菜子をどう接すれば良いのかわからず、ついよそよそしく距離を取ってしまう。そんな大介を見ていた葉菜子は、ジムの帰りに大介を呼び止めて話をするも、大介は消化しきれず、ある人の元へ。そんな大介と葉菜子の空気感をよそに、莉奈(水原希子)は大介への積極的なアプローチを増すばかりだ…。
 そんなある日、とあるお見合いパーティーへ参加した佐々木(荒川良々)は、見事にカップル成立! そのカップルとなった相手・久美(小松彩夏)とどんなデートをすればよいか大介へ相談するが、大介の態度はつれない。しかし、その数日後、陽三(西田敏行)のアドバイスもあってか、デートも無事に上手くいき、ペンナのオフィスでプリクラを見せびらかしていた。そんな佐々木の姿を見た入江(千葉雄大)は、相手が美人で若すぎるし話がうますぎると心配をする。それは、単なる入江の思い過ごしだろうか……?

公式サイト(http://www.tbs.co.jp/kazokuno_katachi/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える