• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大野智出演「アレグラFX」新CMに大物女優が“ボス”役で登場!

 嵐の大野智がCMキャラクターを務めるアレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」の新CMが完成。

 本日2月17日(水)より放送する「アレグラ星に帰る」篇では、大野が扮するリーダーの「サトシーラ」をはじめとするアレグラ人たちが、花粉に苦しむ地球人を救うべく対策会議を開く様子を描く。サトシーラと共に24時間態勢で戦うアレグラ人の仲間には、桜庭和志扮する「サクラーバ」、そして新たにアレグラ人の“ボス”として、夏木マリ扮するアレグラ人のボス「マリーグラ」が登場。22日(月)からは「花粉NOW」篇も放送される。

 今回のCMで初披露となるアレグラ人の故郷・アレグラ星の秘密基地で、地球の花粉対策会議が開かれるという設定のシーンから撮影はスタート。大野は「よろしくお願いします!」とおなじみの全身紫色のアレグラ人姿で登場。共演するほかのメンバーについて一人一人監督から紹介を受けた大野は、各々の個性的な風貌と細かなキャラクター設定に思わず笑みを浮かべる。

 全身紫色の衣装と大きくまとめ上げた紫色の髪、強烈なアイラインを施したアレグラメイクで現れたボス役の夏木には、監督から「本当にボスっぽい!」と賞賛の声が。特に「眠くなりにくいのよ!」と大野に詰め寄り製品の特徴を訴求するシーンでは、迫力ある演技を披露。その距離わずか4cm。想定していた距離感と違ったのか、監督から「カット!」の声がかかると、あまりの近さと迫力にアレグラ人の大野リーダーもたじたじの様子だった。

 夏木を加え、切れ味も迫力も増したアレグラポーズも新CMの見どころの1つ。新しいアレグラポーズも、大野、夏木、 桜庭の3人が素早く移動しながらビシビシ動く難しい振り付けにバージョンアップ。最初の練習でその難しさを肌で感じたのか、撮影の合間、鏡の前で繰り返し練習をする3人。その甲斐あって、3人でのアレグラポーズの初合わせではスタッフが驚くほど、息の合ったキレのあるポーズを披露。本番でも大野は、監督からの「動き出しもっと早くできますか?」「商品をもっと前に突き出す感じで!」という細かいリクエストに完璧に応え、プロの顔を見せた。

「アレグラ星に帰る」篇は本日2月17日より、「花粉NOW」篇は2月22日(月)より放送開始。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える