• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

PASSPO☆増井みお「ゾンビ映画でこんなに笑ったのは初めて」映画『ゾンビスクール!』を絶賛

 シネマサンシャイン池袋にて先行公開中のイライジャ・ウッド主演映画『ゾンビスクール!』の2月20日(土)全国開校記念として、ニコ生にて特別授業を開催。PASSPO☆(ぱすぽ)の増井みお、テレビディレクターの岡宗秀吾や怪談家のありがとうぁみなど、真のゾンビ好きが登壇し、『ゾンビスクール!』の見どころ、マニアックなゾンビクイズなどを行った「特別授業」の様子がニコニコ生放送で放送された。

 増井は「高校生のときに『サンゲリア』でゾンビをかわいいなと思ってしまったのが始まり。ゾンビ愛は地球一周分くらい。走らないゾンビが好き。ゾンビが本当に発生した世の中でも生き残れる自信がある。映画は『ショーン・オブ・ザ・デッド』が一番!」とゾンビ愛を熱弁。

 『ゾンビスクール!』を見た感想として、「ゾンビ映画でこんなに笑ったのは初めてかも。出てくる教師がみんな個性的でひと言ひと言がツボでした。最初にゾンビになるツインテールの女の子がとてもかわいいかったですね。また体育教師のウェイドがキッズゾンビたちに対して『お前らの成績はFだ!FUCK!』って言うところがお気に入りです!」と見どころを紹介した。

 また「ロメロが監督したゾンビ映画の最新作の一つ前のタイトルは?」などのマニアックなゾンビクイズに挑戦し、15問中8問正解という好成績。しかしながら「ゾンビ知らないアイドル」として出演した水着ギャルを相手にした〈ゾンビかるた大会〉では、まさかの敗退を喫し、授業を盛り上げた。

『ゾンビスクール!』
シネマサンシャイン池袋にて先行開校(公開)中
2月20日(土)全国にて開校

■ストーリー
小説家を目指しNYに出たが、パッとしないクリントは早々に夢を諦め、母校の小学校で臨時職員として勤め始める。その日の給食は子供たちの大好きなチキンナゲット。賑やかな給食タイムが始まった。チキンナゲットを頬張る生徒たち。ん?何かがおかしい…。ナゲットを食べた子供たちがグレ○リンもびっくり、次々とゾンビ化していくではないか!すぐさま学校を閉鎖し、教師VSキッズゾンビの戦いの火蓋が切って落とされた…。

監督:ジョナサン・ミロ、カリー・マーニオン
脚本:リー・ワネル(『ソウ』『インシディアス』)、イアン・ブレナン(「glee/グリー」)
製作総指揮:イアン・ブレナン、リー・ワネル、ヘイデン・クリステンセン
製作:イライジャ・ウッド、スティーヴン・シュナイダー(『パラノーマル・アクティビティ』)
出演:イライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、アリソン・ピル(『スノーピアサー』)、リー・ワネル(『インシディアス』『ソウ』)、レイン・ウィルソン

公式サイト(http://zombieschool.jp/

提供・配給・宣伝:プレシディオ
協力:松竹

(c)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える