• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

パズドラ新展開に二宮和也大興奮!「コンサートで協力プレイしたい」

 スマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」が、2012年2月20日のサービス開始から4周年を迎えることを記念し、嵐を起用した新作CM「いくぜ!パズドラ」篇が2月20日(土)より全国で放送開始。シリーズ新展開に関する記者発表会には、ゲームオタクとして知られる嵐の二宮和也が出席した。

 会見でパズドラの使用頻度を聞かれた二宮は、「常にやってますよ。今もステージに出るまでやってたんですけど、正直ここにいる場合じゃないんです! 僕の組が、今ゴルドラがずっと出てるから早くやらないと!」とヘビーユーザーらしく回答し、さらに「僕は1回やり直した派ですけど、2~3日で前のレベルまで到達しました。気軽にクルクル回してると、意外と簡単に連鎖できたりしてきて、気持ちいいんです」とPR。パズドラシリーズのプロデューサー・山本大介を「本当にやりこんでいただけてうれしい! ありがとうございます!」と興奮させた。

 また、新シリーズとして「“キミの毎日”とコラボする」をテーマにGPSを使った「パズドラ」との連動アプリ「パズドラレーダー」のリリースも発表された(今春リリース予定)。すれ違った人とも協力プレイが楽しめる連動アプリに「コンサートでは何万人もの人と一緒なので、よだれが出るくらいありがたいコンテンツができた。『二宮スペシャル』みたいな魔法石を皆さんにあげたい。ゆくゆくそういうコラボができたら」と自ら提案すると、山本も「早急に取り掛かりましょう!」と二つ返事で快諾した。

 そして気になる新CMは、パズドラの5つの属性「火」「水」「木」「光」「闇」をイメージしたファンタジーな世界に迷い込んだ嵐が、行く先々で摩訶不思議な体験をするというもの。最新のCG映像を駆使し、嵐の大冒険を壮大なスケールで描く。撮影ではワイヤーを使ったシーンがあったという二宮。「CMでそういう撮影をするのはすごくぜいたくですね。リーダー(大野智)と(櫻井)翔ちゃんのシーンもすごく豪華だった。スタジオも2つ3つ使って撮影して、1つのCMを作るのにそんなに時間をかけてやるのはなかなかないのでとても楽しかったです」と感想を語った。

 7月28日(木)にシリーズ初の対戦モードを搭載した3DS版ゲームの最新作「パズドラクロス」(3/16(水)から予約開始)が発売されるほか、「月刊コロコロコミック」(小学館刊)では5月号から漫画連載(井上桃太氏作)、スタジオぴえろ制作のアニメシリーズがテレビ東京系で7月4日(月)からスタート(毎週(月)後6・25)。さらにタカラトミーでの玩具化(今夏発売)など、会見では今後のさまざまなクロスメディア展開も発表された。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える