• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

韓流マイスター・Yumiが語るヒョンビン主演「ジキルとハイドに恋した私」の楽しみ方

 ヒョンビン待望のドラマ復帰作「ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~」DVD&Blu-ray SET1&SET2が好評発売中。

 本作は、ヒョンビン4年ぶりのドラマ復帰作で、人を寄せつけない冷徹男ソジンと、優しい癒し系のロビンという2つの人格を完璧に演じ分け、正反対の魅力を披露。相手役のハナにラブコメ・クイーンのハン・ジミン、催眠専門医テジュ役にイケメン・ソンジュンと、豪華キャスト陣の共演で、女性のハートを鷲づかみしたトライアングル・ラブコメディだ。

 そんな本作の楽しみ方を、韓流系MCとしても知られる人気アナウンサー・タレントのYumiを指南。韓流マイスター・Yumiのおすすめポイントとは――?(※ネタバレの部分もありますので予めご了承ください)

――「ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~」で一人二役を演じたヒョンビンの演技が各方面で絶賛されていましたが、実際いかがでしたか?

彼にとって新しい挑戦だったと思います。ソジンなのにロビンのフリをしているような時は、本当に演じるのが難しかっただ
ろうなと。それを感じさせない安心感を与えてくれる俳優ですね。俳優としての絶頂期に兵役に行き、ファンが待ちに待って「次はどんなヒョンビンを見せてくれるの?」という期待に応えたと思います。しかも、1 度に2 人のヒョンビンが楽しめる
なんてファンにとっては、たまらなく味わい深いのでは。

――Yumiさんはソジン派(ツンデレ)?それともロビン派(癒し系)?どちらがお好みですか?

絶対ロビン(笑)。最初はソジンが少し苦手でした。どこにも隙がなくて、ツンデレの“デレ”が最初の方には少ないし…後半はきちんと“デレ”も見せてくれて安心しました。ロビンは世の女性が欲している気持ちが、細部に渡り理解できています。ロビンが好きすぎて、エンディングに大ドンデン返しを期待してしまったくらい(笑)。ソジン派とロビン派に分かれると思いますが、またそれを語るのも楽しいですよね。結局の所、2 つの派閥を作れるくらい、役を演じきったヒョンビンの演技力は凄いということですね。

――このドラマをご覧になって全体的にどのような感想を持たれましたか?

多重人格障害という題材が興味深く、ライトな気持ちで観始めました。観ていくうちに、ソジンの気持ちや克服するために周囲のサポートがいかに大切かということがきっちり描かれていて、除々に作品に重厚感が増していき、観終わった後考えさせられました。ドラマとしてエンターテイメント性が高い作品でもありますが、現実的な部分もしっかり描ききっている作品ですね。

――サーカスの団長ハナを演じたハン・ジミンさんの演技はいかがでしたか?

お仕事でご一緒したことがありますが、サーカス団の団長にふさわしく、男前な性格なのでぴったり。とある打ち上げでもご本人が仕切ったり、顔色をいっさい変えず、飲ませ上手。プライベートの彼女も思いやりがあり面倒見もいいんです。可愛いくて綺麗、だけど性格は男前。ギャップがあって“真のモテ女”だと思います。ハナは、最初は一生懸命生きている芯の強い女性、後半は思慮深い女性に成長していきます。知人の韓国女性が浮かぶほど、リアリティがありました。

――Yumiさんおススメの胸キュンシーン、コメディシーン、切なくなるシーンをそれぞれ教えてください。

まず、胸キュンしたのは「慰めてあげて」「歩く時は手をつないであげて」など、ロビンがソジンに“ハナにはこうしてあげて”と教えてあげるシーン。ちょっとした気遣いで、「自分は愛されている」と相手に実感させることができる事を教えてあげるんですが、「ロビン、完璧」って(笑)。ロビンが消えるかも知れないという切ない部分も重なり“キュンキュン”しました。あと、本当の恋人みたいに自然で可愛らしい抑えめのキスシーンにも愛を感じました。クスっと笑えたシーンは、ソジンのいとこのスンヨン(ハン・サンジン扮)の登場シーン。いつもソジンを追い詰めますが、最終的には自ら窮地に追い込まれてしまう。最後に改心したのかヨガしたりして(笑)…100%憎めないキャラクター設定も面白いです。ソジンの秘書のヨンチャン(イ・スンジュン扮)もそうですが、ソジンとロビンとハナのハラハラ部分に対して、彼らは合間の“癒し”ですね。そして、最も切なかったシーンは、期限が迫っているロビンに対して、ハナがプロポースするシーン。自分の感情を潔く伝えて、後がどうなっても「結婚したい」という愛情を示したシーン。切なくて感動しました。

――二重人格のソジンとロビン、ハナとのトライアングル・ラブコメディの描き方はいかがでしたか?

単純な三角関係とは違いますね。多重人格障害の題材を取り入れたことが、ひとつの挑戦だったのかなと。自分がヒロインのハナだったら、すごく苦しむと思います。本当に人を好きになったことのある人なら、それゆえ共感してしまう。最終的には自分が「こうなってほしい」という希望的観測で観て、その通りになったので安心したといいますか…韓国ドラマに共通している部分でもありますが、「善良」をテーマとしている作品は、そのようなエンディングが多く安心します。安心させつつ、エンディングに向けて紆余曲折ハラハラさせてくれる、泣かせてくれるという部分に「参った。またやられた」って感じです。本当に良心に響く作品です。

――最後にYumiさんの楽しみ方のポイントを簡単に教えてください。

気構えず気楽に観て頂いていいのですが、観はじめたら考えさせられたり、ハラハラしたり、号泣したりで「ハマって危険。まんまとやられたって感じ。覚悟してください。」(笑)と。少しずつ深みが増していき、きちんと腑に落ちる、裏切らない良心あるドラマです。

 

「ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~」
DVD&Blu-ray
SET1 (レンタルVol.1~7)&SET2(レンタルVol.8~15)好評リリース中

DVD 各¥19,000+税
Blu-ray 各¥21,000+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

DVD公式サイト:http://kandera.jp/sp/jhm/

(c)SBS,(c)HE&M

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真