• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松田翔太主演『ディアスポリス』浜野謙太、柳沢慎吾ら主要キャスト&衝撃ビジュアルが解禁!

(C)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会
(C)すぎむらしんいち/リチャード・ウー/講談社

4月よりMBS・TBS深夜“ドラマイズム枠”にて放送がスタートする松田翔太主演のドラマ『ディアスポリス‐異邦警察‐』主要キャストが解禁され、浜野謙太、柳沢慎吾ら個性派俳優が名を連ねた。

『ディアスポリス‐異邦警察‐』は、熱狂的な支持を得ながら、際どすぎる世界観から実写化不可能といわれてきた伝説の漫画を強力な監督陣によりついにドラマ化。夏には映画も上映されることが決定し、放送を前に既に話題となっている作品。密入国外国人による秘密の自治組織「裏都庁」を舞台に、弱きを助け、難事件に立ち向かう異邦警察間・久保塚早紀の活躍を描いている。
 今回発表になったのは、松田演じる久保塚と密接に関わる「裏都庁」のメンバーたち。元銀行員で久保塚の助手・鈴木役に浜野謙太。ある理由で「裏都庁」に逃げ込んできた鈴木は、久保塚の指示で顔を整形し、助手としてさまざまな事件に巻き込まれていくという役どころ。また、久保塚の上司で「裏都庁」No.2の助役・アー役に柳沢慎吾。かつて母国政府の制圧に抵抗し、警察官5人を殺害。日本に密入国してきたという“ヤバすぎるキャラクター”に、眉毛をそり落とす本気の役作りで挑んでいる。さらに、「裏都庁」知事・コテツ役に康芳夫、知事のボディガード・イサーム役にファッションモデルのマリーが、いずれもドラマデビューを果たすこととなった。

 浜野は「このご時世にハードコアな傑作を松田翔太と作れてまじ幸せです。移民と難民の違いがわからないそんなアナタにも是非見てほしい。難しくないエンターテインメントになったから!」、柳沢から「原作のアーを残しつつ、現代のアーにしたいと演出陣の要望もあり、眉毛も薄くしたり切ったりして、見た目からアーになろうと思いました。設定では『母国で悪徳警官を5人殺して日本に逃げてきた外国人』ということもあり、せりふも外国語っぽくしてしまうと聞き難いので、原作のアーを残しながら独自のアーをどこまで入れ込むか考えながら演じていました。観ていただいた皆さんや『ディアスポリス』ファンの方々に受け入れてもらえるアーになっていたら幸いです」と、それぞれコメントを寄せた。

『ディアスポリス‐異邦警察‐』
MBS・TBS“ドラマイズム枠”にて4月より放送開始
出演:松田翔太、浜野謙太、康芳夫、マリー/柳沢慎吾ほか
原作:「ディアスポリス‐異邦警察‐」脚本リチャード・ウー 漫画すぎむらしんいち(講談社『モーニング』所載)
監督:冨永昌敬、茂木克仁、真利子哲也、熊切和嘉
公式サイト…(http://www.dias-police.jp/)

(C)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会
(C)すぎむらしんいち/リチャード・ウー/講談社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える