• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

藤原さくら「真剣に向き合って演じたい」福山雅治主演“月9”ヒロインに抜擢

 福山雅治が主演を務めることで話題のフジテレビ系4月期スタートの“月9”ドラマ『ラヴソング』のヒロイン役が、藤原さくらに決定した。

 『ラヴソング』は、福山雅治演じる“元プロミュージシャン”神代広平(かみしろ・こうへい)が、藤原さくら演じる“人とコミュニケーションをとるのが苦手な女性”佐野さくら(さの・さくら)に出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻すヒューマン&ラブストーリー。

 藤原さくらは、オーディションを勝ち抜き、月9で連続ドラマ初出演を手にしたシンデレラガール。<歌唱力><表現力><感受性>といった選考基準をクリアし、「ヒロイン・佐野さくらがそこにいた」と審査員をうならせておよそ100名の中から選ばれたという藤原さくら。プロのミュージシャンとしてファンを魅了している彼女だが、演技経験は一切ないという。

 藤原が演じる佐野さくらは、広島の児童養護施設で育ち、孤独を背負って生きてきた。職場の同僚にもなじめず、自分の人生に嫌気が差していたある日、社内で起こったある出来事をきっかけに、さくらは社内に勤務する企業カウンセラーのもとへ。そこにいたのが神代広平(福山雅治)だった。自らの才能の限界に打ちのめされ、音楽業界を離れ、現在は企業カウンセラーとして働いていた神代は、ひょんなことからさくらの歌声を耳にする。彼女には音楽の神様が与えてくれた“歌声”という天賦の才能があった。さくらは神代と出会い、歌を通じて自己表現することを知る。神代との出会いが、彼女に生きる希望を与え、少しずつ神代に心を開いていく。その思いは次第に恋心へと変わっていくのだった。

 ヒロインの藤原以外にも豪華キャストの出演が決定。夏帆、田中哲司、宇崎竜童、水野美紀ら演技派俳優陣が物語を支える。

 藤原は「オーディションに合格したと聞いた時は、全く信じられなくて、つい最近まであれは夢だったのではないかと疑っていたんですが、少しずつ実感が湧いてきました。演技のことはまだ右も左も分かりませんが、今回オーディションの時に演じてみて、純粋にすごく楽しいなと感じたのでその気持ちを忘れずに学んでいきたいと思います!
(私が演じる佐野さくらは)すごく不器用で扱いづらいけど、とっても愛おしい女の子なので、どうやって成長していくのかすごく気になっています。難しい役柄ではありますが、真剣に向き合って演じていきたいです。(劇中での歌唱シーンについては?)私は元々歌手なのでいつも歌っているんですが、役のさくらは、ひょんなところから歌に出会って変わっていくので、いつもの自分をそのまま出して歌うというよりも、佐野さくらだったらどうやって歌うんだろうというところを考えながら歌っていけたらと思ってます。私のことを知っている人も知らない人もビックリだと思うんですが、私もビックリしています!全力を尽くすので温かく見守ってください」と意気込みを語っている。

『ラヴソング』
フジテレビ系
4月スタート 毎週(月)午後9時~9時54分

出演者:福山雅治
藤原さくら
夏帆
田中哲司
宇崎竜童
水野美紀 他

【スタッフ】
脚本:倉光泰子(第26回ヤングシナリオ大賞『隣のレジの梅木さん』)
プロデュース:
鈴木吉弘(『ガリレオ』シリーズ、『HERO』シリーズ 他)
草ヶ谷大輔(『探偵の探偵』、『独身貴族』 他)
演出:
西谷 弘(『昼顔』、『ガリレオ』シリーズ 他)
平野 眞(『5→9~私に恋したお坊さん~』、『ショムニ』 他)
制作:フジテレビドラマ制作センター

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える