• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

森山未來&武井咲がドラクエ最新作で主人公の声優を担当

 森山未來と武井咲が、5月27日(金)発売のPlayStation4、PlayStation3、PlayStation Vita専用ソフト「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」(スクウェア・エニックス)で主人公の声優を務めることが決定した。

「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」は、今年で30周年を迎える「ドラクエクエスト」シリーズの派生作品。歴代の人気キャラクターと共に、迫り来るモンスターと爽快感あふれるバトルを繰り広げるアクションRPGで、前作は累計100万本を突破している。

 今作は士官学校に留学中のラゼルと、そのいとこ・テレシアが主人公。ラゼル役の森山は「今年30周年ということで、僕の人生とほぼ同じだけの歴史のあるタイトルなわけで、それに関わることができたというだけでも驚きなのに、まさか“声”という形でこのタイトルに関わることになるとは!」と大興奮。実は森山は、一番思い入れのあるシリーズ作品には「Ⅲ」を挙げ、海外にいるときは「パソコンから『ドラゴンクエストモンスターパレード』もやっていました」と言うほどのドラクエファン。今作で演じたラゼルについては「いつもテンションが高い熱血のキャラクター。きっと彼からは元気をいっぱいもらえると思うので、ぜひゲームの中で会えるのを楽しみにしていてくださいね」とコメントを寄せた。

 いっぽう、テレシア役の武井も「子供のとき、両親がプレイしている間に挟まれながらずっと見ていた『ドラゴンクエスト』。幼いときから慣れ親しんでいたゲームの世界の中に、まさか自分が入る日が来るなんて、思ってもみませんでした!」と森山同様、大興奮。「開発段階の本作を触らせていただいて、ゲームから自分の声がしてくるのは何だかとっても不思議な気持ちでした(笑)。でも、ちゃんとテレシアのキャラクターになっていたので、ほっとひと安心です」と胸をなで下ろし「テレシアはお姉さん気質でしっかり者。でも何でもできちゃうわけではなくて、実はか弱い一面があったり、頑張っている姿もぜひ見ていただきたいです。いとこのラゼルとの関係にも注目してみてください」とPRしている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える