• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

出演者はすべて東北出身者の舞台「想稿・銀河鉄道の夜」3・6開幕 東京&東北各地でツアー公演

 東日本大震災から5年を迎えるこの春、東北を故郷に持つ俳優・スタッフによる音楽劇「想稿・銀河鉄道の夜」のツアー公演が、3月6日(日)の東京公演を皮切りにスタートする。

 本作は、東北出身の演劇人たちにより、自分たちの「ルーツ」である故郷に演劇文化を根付かせることができればという想いで始まったという「TOHOKU Roots Project」による音楽劇で、東京と福島、宮城、岩手の東北三県でツアー公演を行う。出演者はすべての東北三県出身者となる。

 福島からは、近年ではCMや映画、NHKの大河ドラマや朝の連続テレビ小説などの出演も多い舞台出身の女優・佐藤みゆきをはじめ、実力派舞台俳優として引っ張りだこの大原研二(DULL-COLORED POP)、さいとうみきが出演。

 宮城からは、仙台在住、CMなどで存在感を発揮し、今後本格ブレイクが期待される18歳の広瀬咲楽(劇団ハーベスト)をはじめ、数々の舞台に出演し、映画やドラマの出演も多い滝佳保子(劇団S.W.A.T.!)、佐藤拓之(山の手事情社)、東宝ミュージカルなどで活躍する高野絹也、小野崎有香(オペラシアターこんにゃく座)、阿部紗穂里、故郷の石巻での公演も行う芝原弘(黒色綺譚カナリア派・コマイぬ)が出演。

 岩手からは、テレビ岩手制作のご当地ヒーロー「鉄神ガンライザーNEO」でヒロインの1人を演じる、ドラマ、映画、舞台、モデルなど幅広く活躍中の小松彩夏をはじめ、舞台、吹き替えなどで活躍する文学座の田中宏樹、澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)が出演する。

 東京公演は東池袋のあうるすぽっと、そして福島(いわき・南相馬)、宮城(東松島・仙台)、岩手(盛岡)三県の5か所で東北ツアーを行う。

【稽古開始直後のコメント】

■小池竹見(演出)
 東京で暮らす東北出身者の故郷に対する想いの深さ、複雑さは、なかなか理解できるものではなく、つきあいが深まれば深まるほど逆に遠く感じるほどです。震災当時なにもできなかった歯がゆさやもどかしさは、他県の人間には想像つかないほどのものだと思います。彼らの想いを ひとつの形にして故郷に届けることが今回の作品を作る意味だと思い、しっかりに彼らに向き合っていきたいと思っています。
 純然たるフィクションであるはずなのに、セリフの端々に現れる「ほんとう」の瞬間に出会い、稽古をしながらハッとすることがよくあります。みんなさまにもそのような「ほんとう」を感じてほしいです。
(演出のポイント))原作の「銀河鉄道の夜」にしても、今回の想稿にしても絶対的な正解がない作品です。誰がやるか、いつやるか、どこでやるかということが作品を解釈する上で非常に重要になってきます。5年前の震災で特に被災が激しかった三県出身の俳優にしか持ちえない経験や記憶、体感を通してはじめて見えてくる「ほんとうのこと」があるはずで、それを見出すことが今回、演出する上でのカギだと思っています。

■佐藤みゆき(W主演/福島出身)
東北3県をツアーする前提で、東北を故郷に持つ私たちが創る「想稿・銀河鉄道の夜」原作の宮沢賢治の世界の風景をどう創り出すか。余白の美しい賢治の世界だからこそ特別な景色をお見せできるのではないかと思います。客席が変わると作品の温度も湿度も変化しそうなので、お時間が許せば東京の人たちにも地元の人と客席で一緒に体感して欲しいです。

■小松彩夏(W主演/岩手出身)
震災後自分に何が出来るのかをずっと考えながらも何も出来ずにいましたが、この舞台でやっと自分にも何かが出来ると思えました。初めて地元での公演が出来るので、家族や友達に地元で見てもらえることがすごく嬉しいです。見に来ていただいた皆さんにも少しでも笑顔になってもらえるような作品にしたいと思っています。

■制作スタッフ
上演作品選定にあたり、震災があり、既存作品の中で受け取り側の状況が変わったことで作品の持つ意味が一番変わったものは何だろうかと考えたときに真っ先に浮かんできたのがこの「銀河鉄道の夜」でした。原作の宮沢賢治版ではなく想稿を選んだのは、想稿では明確に別れのシーンがあるからです。どこまでもいける切符を持ちながら、「あなたはまだなのです」と言われて汽車に乗せてもらえなかったジョバンニに、大切な家族や、友や、周囲の人間を失った自分たち自身や自分たちの大切な人の姿を重ねたからです。劇中に出てくる言葉は、私たち自身が誰かに言って欲しかった言葉でもあるのです。

TOHOKU Roots Project
『想稿・銀河鉄道の夜』

■公演情報
東京公演
3月6日(日)~13日(日)東池袋あうるすぽっと

いわき公演
3月20日(日)いわきアリオス中劇場 13時半開演

南相馬公演
3月24日(木)南相馬市民文化会館大ホールゆめはっと 13時半開演

東松島公演
3月27日(日)東松島市コミュニティーセンター 13時半開演

仙台公演
4月1日(金)イズミティ21小ホール 18時開演

盛岡公演
4月3日(日)盛岡劇場メインホール 13時半開演

■チケット
東京公演:一般¥5000/高校生以下¥3000<全席指定>
東北公演:一般¥3500/高校生以下¥2000<全席指定>

■物語
父親が家を留守にしているため、貧しく、周囲から疎外感を感じている孤独な少年ジョバンニは、ケンタウルスの祭りの夜に気がつくと偶然出会った幼なじみのカムパネルラと共に銀河ステーションの待合室にいます。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を作家の北村想が翻案した本作。宮沢賢治版とは違い、ジョバンニとカムパネルラは汽車の中でなく、汽車を待つ銀河ステーションの中で尼僧、考古学の学士とその助手たち、熊撃ち、そして青年と少女と出会います。2人はどこまでも一緒に行こうと約束をしますが、カムパネルラの乗る汽車がやってきたそのとき…。

■キャスト
カムパネルラ:佐藤みゆき(フォセット・コンシェルジュ)
ジョバンニ:小松彩夏(アミューズ)
少女:広瀬咲楽(劇団ハーベスト、ソニー・ミュージックアーティスツ)

滝佳保子(劇団S.W.A.T.!) 佐藤拓之(山の手事情社) 高野絹也 澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)
小野崎有香(オペラシアターこんにゃく座) 大原研二(DULL-COLORED POP) さいとうみき(優演隊)
阿部紗穂里 田中宏樹(文学座) 芝原弘(黒色綺譚カナリア派・コマイぬ)
【声の出演】桑原裕子(KAKUTA)

■スタッフ
原作:宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
脚本:北村想
演出:小池竹見(双数姉妹)
音楽:立石一海

TOHOKU Roots Project公式サイト(http://tohokurootsproject.wix.com/tohoku-roots-project

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える