• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山下誠一郎ら人気声優6人が大盛り上がり!「ようこそ声優寮へ!」初のイベント開催

 女性向けオリジナルドラマCD「ようこそ声優寮へ!」(全6枚)の全巻購入者イベントが行われ、声優の山下誠一郎、古川慎、山谷祥生、八代拓、檜山修之、小西克幸が登壇した。

 「ようこそ声優寮へ!」は、声優寮に住む先輩・後輩声優が日々奮闘する青春ストーリーのドラマCD。現在全6巻が発売中。

 イベントでは、テーマを決めたトークコーナーがスタート。「アフレコ時の思い出深いエピソード」では、それぞれ当時のアフレコ時の思い出を語り合った。

 「二度風呂」をキーワードに掲げた八代は、“302号室~歌って踊れる声優~”の収録時、夏目航史郎役の森久保祥太郎と2人でお風呂を入るシーンがあったが、森久保がそのシーンを録り直しするなどをしてこだって収録されたことを明かした。

 そして、山谷の「勘違い」というキーワードでは、先輩声優である辻虎太郎役の代永翼と一緒に収録すると思っていたが、スケジュールの関係で一緒に収録できないことを当日知り、寂しかったというエピソードが紹介された。

 次の「もし引っ越しできるならどの部屋に引っ越したい?」というテーマでは、山下が「ミニマリスト部屋」と答え、マイクしかない部屋で演技がしてみたいと語った。山谷は「新築」と答え、今の住んでいるところから引っ越したいと。檜山は「日当たりのいい角部屋」と答え、その後やはり今回の声優寮として考えると「一人部屋」でプライベートを守れる空間がいい!と笑わせた。

 そして、次のテーマ「リアル寮生ノート!お悩み相談」では、後輩声優たちからの真面目なお悩み相談が展開。山下の「どんな時に、演技がひらめきますか?」との相談に、檜山と小西から「無駄なことはなにもなく、人間観察でも経験でも何でもすべて吸収して演技を磨いていこう!」というアドバイスが送られ、後輩声優陣は真面目に聞き入った。

 さらに古川の「檜山さん、小西さんの叫ぶ演技が好きで、どうしたらかっこよく叫べますか?」という質問に、小西から「今、叫んでみて」というむちゃぶりが。それに応え、古川が叫ぶと会場から笑いが起こった。小西は古川に「自分がかっこいいと思って、自分に酔いながらやってみよう」と語った。

 次いで、「ようこそ声優寮へ!」初の「朗読コーナー」が行われ、6人で花見をし、次のオーディションに向け頑張ろう!と気合を入れたストーリー『声優寮でお花見をしよう!』を熱演。それぞれが楽しく掛け合い、ストーリーを展開した。朗読の感想を聞かれると、声優陣は「一緒に演じたことのなかったキャスト演じることができて楽しかった!」「もっと長くやりたかった!」と口をそろえた。

 最後はキャスト陣がファンへの感謝の想いを語り、本作初のイベントを締めくくった。

avex picturesドラマCDレーベルサイト
公式サイト(http://avex.jp/otome/
公式Twitter:@avex_otome

ようこそ声優寮へ!オフィシャルサイト(http://avex.jp/otome/seiyuryo/

(C)avex pictures

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える