• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ミュージカル「わがまま」渡辺えり&戸田恵子が意気込みを語る

 4月9日の山形公演を皮切りに、全国8か所で上演される渡辺えりと戸田恵子出演のミュージカル「わがまま」の合同取材会が行われた。

 本作の舞台は、とある劇場の楽屋。2人の役は共に大部屋の女優で、ミュージカル「セルフィッシュ(“わがまま”の意)」にアンサンブル役で出演しているという設定。本番中の楽屋で女優として、また中年女性としてのリアルなグチを語り合う。渡辺がミュージカルの作・演出を手掛けるのは今回が初となる。

 渡辺はこの企画の発端が10年以上前のバラエティ番組での共演だったことを明かし「そのときに初めて戸田さんとしゃべって、すごく面白い、しかもいい方だなと思って。『戸田さんと何かやりたい!』ってひらめいちゃったんですね。テレビで戸田さんが歌ったり踊ったり、いろんなことをアドリブで自在にやっているのを見てまた感激して、何でもお出来になる戸田さんのセンスを全部凝縮したものができないだろうかと考えました」と。

 戸田は「一度もご一緒したことがないのに、勘だけで声を掛けてくださって、えりさんはすごく勇気がある(笑)。そのことに感謝ですし、私でよければという感じです。しかも2人だけの作品ということで重責ですが、こんなぜいたくなありがたいチャンスはないと思うので、えりさんの豊かな胸を(笑)お借りしてやっていきたい」と語った。

 脚本について、戸田は「奇想天外といいますか、予想をはるかに超えた設定でとても楽しかったです(笑)。でもキュンとするようなところもあるんですよね。実年齢とリンクするところというか、わがままな中にもいろいろ背負っているものはあるんだ、というような」と感想を。

 渡辺は「今回、自分の境遇も作品の中に入れました。親が介護施設にいることとか、飼い犬が死にそうなことも。自分がやるのは生々しすぎるので、そこは戸田さんにやってもらうんですけど。『自分はなぜ演劇をしているんだろう』ってこの頃すごく考えるんですね。舞台に立ってお客様を笑わせたりしていても、現実はどん底みたいな状況だったりする。だけどそれを悲しむんじゃなくて、笑おうと思ったんです。それでも演劇をやっていることに意味があるんじゃないかと思いたいので、“希望”のほうに持っていきたい」を作品に込めた思いを明かした。

 そして「戸田さんならそれができると思う。熟女と言われるような同世代で、こんなに歌って踊ってずっと芝居もして元気に頑張っている人って珍しいんですよ。彼女のそういう良さが出て、観た方がスッキリして『自分も頑張ろう』と思える作品になれば」と。

 それを受けて、戸田も「楽しい作品がゆえに、歌ひとつにしても、ちゃんときっちりやらなければいけない。そこは責任重大だと思っています」と意気込みを語った。

 ミュージカル「わがまま」は、4月9日の山形公演を皮切りに、全国8か所で上演される。

<公演概要>
ミュージカル『わがまま』
作・演出・衣裳:渡辺えり
出演:戸田恵子 渡辺えり

公演日程:
4月9日(土)、10日(日)山形シベールアリーナ(山形)
4月12日(火)、13日(水)兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール(兵庫)
4月14日(木)福岡市民会館(福岡)
4月16日(土)宝山ホール(鹿児島県文化センター)(鹿児島)
4月20日(水)~25日(月)世田谷パブリックシアター(東京)
4月27日(水)ニトリ文化ホール(北海道)
4月28日(木)幕別町百年記念ホール大ホール(北海道)
5月1日(日)越前市いまだて芸術館(福井)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える