• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「すっかり舞い上がってしまって…」草刈正雄、娘・麻有との共演にデレデレしっぱなし

 NHK・BSプレミアムで放送中の美術番組『美の壺』(BSプレミアム (金)後7・30)のロケが都内の個人宅で行われ、番組の案内役として出演する草刈正雄と、娘の草刈麻有が取材に応じた。

 暮らしの中にある器や家具、着物、料理、建築など身近な美のアイテムについての選び方や鑑賞方法など、ポイントを絞り分かりやすく解説する『美の壺』。“人の生活を彩ってきた美”の魅力に、「目利きになるための鑑賞のポイント(ツボ)」という視点で迫り、4月に10周年を迎える。

 その記念すべき4月1日(金)放送回のゲストとして、草刈の愛娘・麻有が出演。若いころの草刈正雄の恋人役を演じ、草刈と共にドラマを繰り広げる。娘との恋人役の共演に「困りますね~。嫌ですね(笑)、こういうテーマは。無事に終わってホッとしています。本当に照れくさかったです」と草刈は苦笑い。麻有も「台本読んだときすごい面白いなと思って(笑)。親子役だったらまだいいんですが、恋人で両思い、しかもすごい若いときの役。でもやってみたら楽しかったです」と父親相手に恋人役を演じ切った。

 大河ドラマ『真田丸』(真田昌幸役)の好演でも脚光を浴びている草刈だが、「普段家ではだらだらしたりしているパパしか見ていないので、すごい新鮮な感じです」と麻有。さらに「二枚目だと思われている方が多いと思いますが、私は面白いところしか見ていないので、カッコいいというより面白いです(笑)」と家での父の様子を暴露。さらに“真田さん”というあだ名をつけていることも明かした。

 4月1日放送のテーマ「有田焼」について聞かれると、草刈は「手触りだとか、中に描かれている絵とか、上手にできているなと思います」と有田焼をアピールしながらも、「申し訳ないんですけど、もう彼女と一緒にやるっていうだけで舞い上がって、なかなか商品(アイテム)のほうまで見ていなかった」と苦笑い。「とにかくこの子のことが心配でね、ちゃんとやるかなって。親バカです」と、親子共演がとにかくうれしかった様子。「私も(父と)共演することで頭がいっぱいでした」と応じる麻有に目尻を下げるなど、表裏比興の真田昌幸も愛娘にはすっかり形無しだった。

 今回の収録内容は、4月1日(金)に放送。さらに、4月23日(土)には『美の壺 10周年スペシャル』(BSプレミアム 後7:30)も放送される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える