• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

注目の若手女優・芳根京子が“最後のキーパーソン”に!『いつ恋』ラスト2話に登場

 有村架純、高良健吾主演の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)の3月14日放送の第9話、21日放送の最終話に“最後のキーパーソン”として、注目の若手女優・芳根京子が出演することが分かった。

 芳根が演じるのは、奈良から東京に出てきたばかり少女・明日香。到着したばかりの東京でとまどう明日香は、偶然、雑踏の中、有村架純演じる音と出会う。21日(月)放送の最終話では、芳根演じる明日香の行動が重要な意味を持ち、物語の展開を占うことになる。

 芳根のフジテレビへのドラマ出演は、昨年7月期連続ドラマ『探偵の探偵』以来、他局では7月期連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)での主演以来となる。

 芳根は「毎週とっても楽しみにしていたドラマだったので、まさか自分が『いつ恋』の世界に入れるとは夢のようでした。マネージャーさんにも“すっごくうれしいです! うれしい! やった! やった!”と言っていました。ただ、大好きな作品だったからこそ、プレッシャーはとてもありました」と出演が決まった際の感想を。

 収録を終えると「皆さんはじめましてだったのですが、第一線で活躍している方とご一緒する事ができて、とても刺激を受けました。次にお会いする時までにいろんな経験を積んで、もっと長い時間一緒にお芝居できるように頑張ります」と決意を語った。

 芳根と共演した有村は「芳根さんと初めて共演させていただきましたが、笑顔がかわいくて、内に秘めたパワーがすてきな女優さんだなと感じました。撮影が1日だけだったのが残念に思います。待ち時間があっても、声がかかるずっと前に現場に入られたりプロ意識の高い方です。人としても女優さんとしてもまたお会いしたいし、またお仕事でご一緒できたらいいなと、心から思っています」とその魅力を語った。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
フジテレビ系
毎週(月)午後9時~9時54分
最終話 3月21日(月)午後9時~

<キャスト>
有村架純
高良健吾
高畑充希
西島隆弘
森川 葵
坂口健太郎
浦井健治
福士誠治
森岡 龍
永野芽郁
桜井ユキ
我善 導
林田岬優
安田 顕
大谷直子
田中 泯
柄本 明
高橋一生
松田美由紀
小日向文世
八千草 薫

<スタッフ>
脚本:坂元裕二
プロデュース:村瀬 健
演出:並木道子、石井祐介、髙野 舞
主題歌:手嶌 葵「明日への手紙」(ビクターエンタテインメント)
音楽:得田真裕
制作:フジテレビドラマ制作センター

公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える