• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ボイメン水野勝がメンバーに復讐!? 映画「復讐したい」初日舞台あいさつ

 映画「復讐したい」(公開中)の初日舞台あいさつが3月5日(土)にシネマート新宿で行われ、水野勝、高橋メアリージュン、小林豊、田中俊介、勇翔、本田剛文、田村侑久、吉原雅斗、辻本達規、土田拓海、平松賢人、上野優華、室賀厚監督が登壇した。

 本作は、東海発のボーイズグループ・BOYS AND MEN(通称:ボイメン)のメンバーが総出演するアクションムービー。舞台は、犯罪者に対し被害者やその親族が直接制裁を下すことが許される「復讐法」が制定された未来の日本。主人公の高橋泰之(水野)は、愛する妻を殺されたことにより、復讐を決意。そして、復讐法にのっとり復讐場所として定められた孤島へ向かう。そこでは、さまざまな事件の被害者と犯人が入り乱れ、壮絶な復讐劇が繰り広げられていた……。

 司会者の呼びかけで続々と出演者が登壇する中、辻本が立ち位置を間違えてしまうというハプニングが起き、会場には笑いが起こった。最初のあいさつで水野が「登壇者が立ち位置を間違えるというのは、初めてですよ」とそのことをイジると、メンバーから「誰だー」という声があがり、知らないふりをする辻本に「おまえだよ(笑)」と全員が総ツッコミ。そして、辻本がいさぎよく「…僕です!」と認めると、またもや会場は笑いに包まれた。水野が「(立ち位置を間違えた人が)ほかにも3人ぐらいいたので、しっかり復讐しておきたいと思います」と映画に絡めコメントすると、周りからは「おー」という歓声が。もちろん、「無事に全国公開の初日を迎えることができ、本当に感謝しています。どんな気持ちで映画を観てもらえるのか楽しみです」としっかり映画もPRしていた。

 水野が「たくさんの人の思いが詰まった作品ですので、この作品が今日から全国に羽ばたいていくと思うとうれしいです」とコメントすると、高橋が「初めてのヒロイン、そして初めての1人2役ということで、皆さんに観ていただけることにとても緊張しています。あとは、水野さんが全部言ってくださったので、右に同じです。…と言いたいところですが、左にいました。すみません」とおちゃめな一面も。室賀監督は「こだわりは見事なアクションシーン。各キャラクターの心の痛みの表情を捉えるのにもこだわりました。ここに並んでいる皆さん1人ひとりが主役として輝く瞬間が用意されているので、見逃さないようにしてください」と力強く語った。

 映画の見どころを1人ずつ紹介していく場面では、水野が「眼が変わっていくところ」、高橋が「1人2役」と答える中、小林は「隠し切れない美しさ」と発言。「待て待て」「自分出したな」とメンバーからツッコまれながらも、「やっぱり画力(えぢから)がね(笑)」と笑顔を見せ、会場を盛り上げた。

 最後に水野は「この作品が1人でも多くの人に届くことを願っています」と熱いメッセージを送った。

映画「復讐したい」は、シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかで全国ロードショー。

配給:キャンター/スターキャット
レイティング:PG-12
映画「復讐したい」公式サイト:http://revenge-movie.com/

(C)2015 山田悠介/幻冬舎/「復讐したい」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える