• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

借金返済ユニット「劇団マーガリンズ」初舞台で公約達成!存続決定&次のノルマ発表

 2014年9月にマッコイ斉藤、大久保佳代子により結成された「劇団マーガリンズ」が新宿シアターブラッツにて初公演「時計じかけのジンギスカン」を行った。

 「劇団マーガリンズ」は総監督のマッコイ斉藤、ゼネラルマネジャーを務める大久保佳代子によって借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」として結成。その後メンバーの加入・脱退を経て、2015年に“歌やダンスのみならず、より活動の幅を広げる”として「劇団マーガリンズ」という新ユニット名を掲げ、演技の世界に飛び込むことを宣言、今回、初の舞台に臨んだ。公演には冠番組「マルガリン銀行」に出演し、冠ニコ生番組「劇団マーガリンズの『借金は“生”で返せ!』」ではMCも務める、ユニットと縁の深い弾丸ジャッキー・オラキオもゲスト出演した。

 この公演は、「ミス・マーガリンズ」「女怪盗マルガリン」や「黒ギャル部」など計7本のコントで構成されるオムニバス形式の舞台。1部2部合わせて140名動員しないとユニット解散という公約が掲げられている。

 公演に先立って行われた囲み取材で、リーダーの“組長”こと藤原亜紀乃は「劇団マーガリンズとなって舞台経験のないメンバーも多い中、初めて経験することも多かったのですが、楽しく稽古が出来てきたのでその成果を今日は見せられればいいなと思います」と意気込みを。また、「マッコイ斉藤さんが演出をされていて、オムニバス形式のコントを普段はジャージで活動しているのですが、コントによっては衣装を変えたりダンスを踊ったりしているのでそこに注目してほしい」とアピールした。

 「劇団マーガリンズ」が解散をかけた舞台に臨むなか、この前日に「弾丸ジャッキー」が3月末で解散することを発表したオラキオは「どうしても一人でやりたいという相方の申し出を受け、その意向を尊重した」と解散の理由を語った。今後の活動については「芸人を続けつつ、演劇や舞台など自由にやっていきたい」と語り、解散のかかった「劇団マーガリンズ」に「メンバー仲良く本音をぶつけあって頑張って続けてほしい」とエールを送った。

 第1部の最後に、1部の動員数が「113人」と発表され、公約達成に大きく近づいたものの、突如マッコイ斉藤総監督が「2部で140人動員しなければ解散」という新たな公約を発表。だが、2部の動員数は「141人」でノルマを達成し、ユニットの存続が決定。次なる舞台の公約として300人の目標も併せて発表され、会場から歓声が送られた。

劇団マーガリンズ公式サイト(http://shakkin-idol.com/
劇団マーガリンズ公式Twitter(https://twitter.com/shakkin_idol
劇団マーガリンズ公式ブログ(http://ameblo.jp/the-margarines/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える