• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「全力を尽くすのみ」深津絵里、中村七之助が「ETERNAL CHIKAMATSU」への意気込み語る

深津絵里×中村七之助「ETERNAL CHIKAMATSU」公開舞台稽古

深津絵里×中村七之助「ETERNAL CHIKAMATSU」公開舞台稽古 撮影:岸隆子(Studio Elenish)

 3月10日(木)から27日(日)まで東京・Bunkamura シアターコクーンで上演される「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門『心中天網島』より-」の公開舞台稽古が行われ、主演の深津絵里、中村七之助らが登場した。

 本公演は、遊女小春、治兵衛、その妻おさんの三角関係を描いた近松門左衛門の代表作『心中天網島』をベースに、究極の愛を描いた作品。『日陰者に照る月』でウエストエンド演劇賞を受賞、その後、さまざまな作品でトニー賞を受賞し、世界の演劇界に衝撃を与え続けている演出家、デヴィッド・ルヴォーのオリジナルアイデアに基づき、作家・谷賢一が書き下ろす最新戯曲となる。

 主演は、日本を代表する女優の一人、深津絵里とこれからの歌舞伎界を担う中村七之助。2人は今回が初共演となる。共演には、伊藤歩、中嶋しゅう、TEAM NACSの音尾琢真など、そうそうたる俳優陣が顔をそろえる。

 2月29日(月)から3月6日(日)まで、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演され、10日(木)から東京公演の幕が上がる。

 東京公演を目前に控え、深津絵里は「いよいよ初日です。まだ実感が沸いてないのが本音ですが、少しでもお客様に楽しんでいただけるように全力を尽くすのみです。どの時代でも上演されている近松の古典的なお話をあえてイギリス人のルヴォーさんが演出に挑むことが、この作品のすべてなのではないかと思います。そこが一番の見どころだと思います」とコメント。

 中村七之助は「とてもいい緊張で初日を迎えられることがうれしいです。稽古で自分がやってきたこと、キャストスタッフ皆で同じ方向を向いて突き進んできたことを信じてやるだけです。近松も初演は僕たちと同じパワーでやっていたのかなと思います。このチカマツもいつか古典になるかもしれません(笑)。ぜひともその初演を見逃さず観に来ていただきたいです」と。

 演出を手掛けるデヴィッド・ルヴォーは「稽古で積み上げてきたことが形になり、とても興奮しているし、楽しみにしています。この舞台は、息ピッタリのお二人(深津絵里、中村七之助)によって2つの世界が見事に合致しました。難しかったと思いますが、とても素晴らしいものが出来ました。当初絵里さんには現代、七之助さんには過去を演じてもらおうと思っていましたが、結果的には、お二人とも未来を演じてくださいました。お客様に観ていただけるのが楽しみです」と語った。

「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門『心中天網島』より-」

会期:2016年3月10日(木)~3月27日(日)
会場:Bunkamuraシアターコクーン

作:谷 賢一
演出:デヴィッド・ルヴォー

出演:
深津絵里、中村七之助/伊藤 歩/
中島 歩、入野自由、矢崎 広、澤村國久、山岡弘征、朝山知彦、宮 菜穂子、森川由樹/
中嶋しゅう/音尾琢真

公式サイト(http://www.umegei.com/schedule/514/

主催:フジテレビジョン、アミューズ、ぴあ、梅田芸術劇場
協力:松竹
企画・制作:梅田芸術劇場

撮影:岸隆子(Studio Elenish)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える