• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「またこの世界でりんねを演じられて光栄」石川界人が『境界のRINNE』新章スタートを喜ぶ

 NHK Eテレで4月9日(土)から第2シリーズの放送がスタートする高橋留美子原作のアニメ『境界のRINNE』のアフレコ取材会が行われ、主人公・六道りんね役の石川界人らが出席。石川は「またこの世界に戻ってきてりんねを演じられることが光栄です」と新シリーズスタートを喜んだ。

『境界のRINNE』は、死神みたいな高校生・六道りんねと、冷静沈着なヒロイン・真宮桜を中心に繰り広げる学園&霊界ラブコメ。第2シリーズには死神・鳳(あげは)の契約黒猫で高給取りの朧(おぼろ)や、飽きっぽくオテンバな架印の契約黒猫・鈴(すず)、貧乏で毒舌な美少女だまし神・四魔(しま)れんげなど新キャラクターが続々登場し、りんねの周りをさらに騒がし、盛り上げる。

 第2シリーズからの登場となる朧役の松岡禎丞は、「『らんま1/2』の再放送を見て育った僕が、まさか高橋留美子先生の作品に出られるなんて。このうれしさを声に乗せて演じたい」と感激しきり。同じく新キャラクターとなる鈴役の三森すずこも「父が『うる星やつら』の大ファンで、(第1シリーズを)私も出たい! ずるい! と思って見ていました。自分も『犬夜叉』 に恋していたこともあって。(山口)勝平さん(=六道鯖人役)もいらっしゃるし、ここ天国です!」と興奮気味に語ると、ヒロイン・真宮桜役の井上麻里奈は「(石川と)私たち2人が冷静でクールな感じなので、かき乱してくれるキャラクターが増えてうれしい」と喜んだ。

 見どころについて、石川が「1話ごとのゲストが多い作品ですが、ここまで大きいキャラクターが入ってきて楽しみ。新キャラクターの登場と、変わらない『境界のRINNE』の軸を見てほしい」と語る第2シリーズは、4月9日からNHK Eテレで放送(後5:30~5:55)。オープニングテーマを担当するPileもゲストとして出演するという。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える