• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『バットマン vs スーパーマン』撮影で使用したコスチュームが日本初上陸!六本木ヒルズで展示中

『バットマン vs スーパーマン』使用コスチューム六本木ヒルズで展示中

 3月25日(金)日米同時公開の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の撮影で実際に使用されたコスチュームが日本初上陸を果たし、六本木ヒルズに展示されている。

 今回のコスチュームは、大人の男性・女性をメインターゲットにしたスペシャリティストア『エストネーション』の六本木ヒルズ店2Fインパクトエリア&アートスペースにて、3月11日から4月11日まで展示中(3月18日~22日の期間は展示なし)。展示されているのは、本作で世紀の対決を果たす2大ヒーロー、バットマンとスーパーマンに加え、予告編にも登場している謎深い“戦う女性”ワンダーウーマンという、本作の鍵をにぎる3人のコスチューム。実際に使用されていたとあって、マントの裾などについた傷やよごれもそのままに展示されている。

 本作でバットマンを演じたベン・アフレックが「バットスーツはとてもよく出来ていてすごくカッコいいんだ。この役をやりたいと思った理由の1つなんだよ」と語っているほどクオリティの高いスーツは必見だ。

 また、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』×エストネーションコラボ商品の発売も決定。バットマンとスーパーマンのヒーローアイコンをモチーフにしたTシャツなどが3月25日から販売される。六本木ヒルズ店では、3月25日から4月11日まで、バットマン vs スーパーマンの映画の世界観をイメージした「PEPSI STRONG ZERO POP-UP BAR」も期間限定開催。商品の購入やエストネーションカードの提示で、ペプシやスカイブルーが振る舞われる(なくなり次第終了)。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
3月25日:3D/2D/IMAX公開

監督:ザック・スナイダー
脚本:クリス・テリオ and デイビッド・S・ゴイヤー
製作:チャールズ・ローブン、デボラ・スナイダー
製作総指揮:
クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス、ウェスリー・カラー、
ジェフ・ジョンズ、デイビッド・S・ゴイヤー
出演:
ベン・アフレック、ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、
ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、
ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト(http://www.batmanvssuperman.jp
公式YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=fpGhE7Jeuiw
プロジェクトDCコミックス(https://warnerbros.co.jp/dccomics/

(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPACENTERTAINMENT, LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える