• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大友啓史監督「大好きな俳優をそろえられた」小栗旬主演『ミュージアム』に尾野真千子、野村周平、大森南朋ら

映画『ミュージアム』

 小栗旬主演、大友啓史監督のスリラーエンターテイメント『ミュージアム』に出演している豪華キャスト陣が発表された。

 『ミュージアム』は、2013年に「ヤングマガジン」で連載された巴亮介の同名コミックを映画化。想像を絶する過激描写と、ち密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み、連載終了後も熱狂的ファンを増やし続けている、残虐性とゲーム性を兼ね備えた超・問題作だ。

 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。そして、犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の目的は?

 今回発表されたキャストは、尾野真千子(沢村遥 役)、野村周平(西野純一 役)、丸山智己(菅原剛 役)、伊武雅刀(岡部利夫 役)、田畑智子(秋山佳代 役)、市川実日子(橘幹絵 役)、大森南朋(沢村の父 役)の7名。主人公・沢村久志刑事を演じる小栗旬とこの豪華俳優陣が、大友監督の下に集結した。

 大友監督は「かめばかむほど味が出る、そんな個性的で味のある、僕の大好きな俳優たちをそろえることができました。この映画はカエル男が引き起こす猟奇的殺人事件の単なる顛末を描くのではなく、究極の状況下で人間がどのように振る舞うのかという生理的な反応をモチーフにしています。妻役の尾野真千子さんはじめ、今回発表した俳優たちによる鬼気迫る迫真の演技は、小栗旬君演じる沢村刑事を心身共にギリギリまで追い詰め、観てくださる方々を非日常的な恐怖体験へと誘ってくれると思います。どうぞご期待ください」と自信を見せている。

<キャスト陣コメント>
■尾野真千子(沢村遥 役)
「精神的に辛い物語でした。でも家族という温かいものを見直す深い映画でもありました。
母という目線から愛と恐怖が伝わればいいなと思います」

■野村周平(西野純一 役)
「初めての大友組でしたが、撮影方法など初めての事が多くて大変勉強になりました。そしてワンシーンワンシーンの熱量が素晴らしいので手応えはバッチリです。小栗さんとも初共演させていただきましたが、すごくストイックで勉強させられることがたくさんありました」

■丸山智己(菅原剛 役)
「『ミュージアム』という映像化にあたり衝撃の問題作に挑んだ大友組の現場は、常にヒリヒリするほどのエネルギーに満ちていて、俳優として最高に幸せな現場でした。スタッフ、キャストが身を切りながら向き合った作品だからこそ、その分、底知れぬエネルギーと痛みに満ちた映画になっていると思います。完成が今から楽しみです!」

■伊武雅刀(岡部利夫 役)
「今回の作品で、今まで見たことのない私をお見せできると思います。ヒントは 『かみ』」

■田畑智子(秋山佳代 役)
「大友監督とは10年以上前に1度お仕事をさせて頂きました。ミュージアムの撮影は1日だけでしたが、とても緊張感があり、熱のこもった演出は変わらず、そこに その世界に自分が居れる事の幸せと監督の思いに応えようと必死でした!監督が作り出してくださる世界観に馴染めるように一生懸命演じようと思いました。本当に心から大好きな監督とステキな現場でした」

『ミュージアム』
今秋 全国ロードショー

キャスト:小栗旬 他
原作:巴亮介『ミュージアム』(講談社「ヤングマガジン」刊)
監督:大友啓史
脚本:高橋泉 藤井清美 大友啓史

製作:映画『ミュージアム』製作委員会
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:http://www.museum-movie.jp

(c)巴亮介/講談社(c)2016映画『ミュージアム』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える