• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木拡樹、細貝圭らの歴史コントに爆笑の嵐「歴タメLIVE」開催

「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」

「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」

「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」が3月12日(土)、EXシアター六本木(東京・六本木)にて開催された。

 このイベントは、教科書には載らないような、歴史上の偉人たちが起こした面白いエピソードを伝える“もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ”が企画するスペシャルエンターテインメントライブ。MCのお笑い芸人の金田哲(はんにゃ)と歴史芸人・長谷川ヨシテルに加え、鈴木拡樹や細貝圭など豪華役者陣も出演し、熱狂のステージとなった。

 オープニングを飾ったのは、和太鼓奏者のTAKUYAと墨絵師の御歌頭(おかず)。和太鼓の熱い音色と激しいリズムにのせて、御歌頭が会場に広げられた巨大な半紙に筆を滑らせていく。「歴タメLIVE」の文字が書き出されると、会場は大きな盛り上がりを見せた。

 続いて、客席側から石井智也、井深克彦、奥谷知弘、寿里、杉江大志、鈴木拡樹、染谷俊之、釣本南、細貝圭、山本匠馬の役者陣が次々に登場(五十音順)。同シリーズの舞台作品でおなじみの出演者に、新しい顔ぶれも加わった豪華布陣だ。

 そしてMCのはんにゃ金田が煌びやかな和装、長谷川がお決まりの兜を被ったスタイルで登場。金田は「なんか僕、マツケンサンバみたいですよね!」と話し、会場を笑わせた。

 イベントでは、歴史上の人物をテーマに「実はこうだったのではないか?」という切り口のコントを展開。最初は、井深克彦演じる「吉良上野介」。寿里演じる「浅野内匠頭」との絡みや、それぞれの個性的なキャラクターで会場を盛り上げた。

 さらに、「伊達政宗」を山本匠馬が務め、母親役に石井智也、片倉小十郎役に杉江大志を迎えて、勇ましく冷酷なイメージが強い伊達が、実は母親に対する愛情が強い人物だったのでは、という切り口のコントを。

 ここで再び和太鼓奏者のTAKUYAと墨絵師の御歌頭が登場し、圧巻のパフォーマンスを披露。TAKUYAが全身を使って匠みに楽器を奏でる中で、御歌頭が巨大な半紙に火を噴く龍を描き上げた。

 転換時には、歴史上の人物が実際に交わしたとされる会話や手紙を現代風にアレンジした「LINE流出シリーズ」という「歴タメLIVE」ならではの趣向を凝らした企画も。誰もが知る歴史上の人物がLINEで会話したらという斬新な“もしも”企画に、会場は大盛り上がり。

 続いて染谷俊之演じる「宮本武蔵」と、鈴木拡樹演じる佐々木小次郎の巌流島での決闘を描いたコントを。そして「お勉強ラップ」で注目を集めるラッパーのCo.慶応が登場し、戦国武将をフィーチャーしたラップで、会場を縦に揺らした。Co.慶応はイベントのテーマ曲「歴タメRAP」も担当しており、公演後にはYouTubeでも公開された。

 その後、2014年秋に上演された舞台「マルガリータ~戦国の美しき天使たち~」がスクリーンに映し出され、会場の空気は一変。本舞台で天正遣欧少年使節団を務めた主演の細貝圭(千々石ミゲル)・鈴木拡樹(中浦ジュリアン)・井深克彦(伊東マンショ)・染谷俊之(原マルチノ)が登場し、舞台映像をバックに4人が朗読を披露した。

 再びステージはコントへ。現代のイメージとは正反対の「真田幸村」を石井智也が演じ、“Candy Boy”としても活躍中の奥谷知弘と釣本南も登場。石井と奥谷・釣本との絡みや、石井の振る舞いや話し口調で会場を沸かせた。

 最後は、鈴木拡樹が演じる「坂本龍馬」。龍馬が成し遂げてきたとされる偉業の“真相”に迫るコントを。このコントには、はんにゃ金田も中岡慎太郎役で登場し、会場をさらに盛り上げた。

 締めくくりは、Co.慶応の「歴タメRAP」を出演者全員でパフォーマンスし、この日一番の盛り上がりを見せた。終了後は、出演者全員が観客を見送り、ファンも大満足のイベントを締めくくった。

「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」
歌あり芝居ありダンスあり、歴史の総合エンターテインメントショー

日時:
2016年3月12日(土)19:00公演
2016年3月13日(日)13:00公演/17:00公演

会場:EXシアター六本木

出演:MC 金田哲(はんにゃ)/長谷川ヨシテル
石井智也/井深克彦/奥谷知弘/寿里/杉江大志/鈴木拡樹/染谷俊之/釣本南/細貝圭(3/12土のみ)/山本匠馬(五十音順)
アーティスト:TAKUYA(和太鼓奏者)/Co.慶応(ラッパー)/御歌頭(墨絵師)

演出:大関真
企画:座間隆司
主催:「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会

「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」公式ホームページ(http://mottorekishi.com/
「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ メルマガ会員登録」(http://l-tike.com/mottorekishi

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える