• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

実力派俳優・山田孝之も絶句した映像の力…Nスペ『新・映像の世紀』は3・20放送

『新・映像の世紀』でナレーションを務める山田孝之

『新・映像の世紀』でナレーションを務める山田孝之

 NHK総合で3月20日(日)に放送される『NHKスペシャル 新・映像の世紀 第6集』の完成試写会が行われ、第1集からナレーションを務める俳優の山田孝之が登壇した。

 大反響を呼んだ「映像の世紀」から20年。世界でアーカイブスの整備と情報公開が進み、未公開映像が続々と発掘される中、新たな映像で100年の時を追体験していく「新・映像の世紀」は、昨年10月より月に一度のペースで放送され、今回が最終回となる。

 当初は「ニュースをすごく見ているわけでもなく、歴史に深い知識があるわけでもない僕がこの人気シリーズのナレーションを受けていいものか迷った」という山田だが、寺園慎一プロデューサーの“若い人たちに観てもらいたい”という熱意にほだされて出演を決意。寺園Pから「回を追うごとに進化していった」と言われると照れ笑い。「ようやく聞けるものになったかなと。第1集はボソボソしゃべっていて自分でも分かりにくかった」と頭をかいた。また、ナレーション時は、靴を脱いで、両手をテーブルに乗せ、原稿にしか灯りが当たっていない真っ暗な部屋で録るのが山田スタイルだということも明かされた。

 番組については「どれも衝撃の映像ばかり」と山田。第6集のテストでは、砂浜に横たわる難民の子供の映像を見て言葉に詰まってしまい、本番では映像を見ないようにして臨んだという。

 演技派俳優も絶句した映像の巨大な力を描いた『NHKスペシャル 新・映像の世紀 第6集』は、NHK総合で3月20日(日)後9:00より放送。

■NHKスペシャル「新・映像の世紀」特設サイト
http://www.nhk.or.jp/special/eizo/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える