• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“シンバ”らおなじみのキャラも登場!「ライオン・ガード」4・16放送決定

「ライオン・ガード」

 全世界で大ヒットを記録したディズニーの名作映画「ライオン・キング」から生まれたTVアニメシリーズ「ライオン・ガード」が、全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルで4月16日(土)から日本初放送されることが決定。併せて、映画「ライオン・キング」のおなじみのキャラクターである、プライドランドの王シンバ、お調子者のミーアキャトのティモン、食いしん坊のいのししプンバァも登場することも発表された。

 本作は、映画「ライオン・キング」(1994年)公開から20年を記念して制作がスタートし、2016年1月に米ディズニー・チャンネルにて初放送された最新アニメーション。

 物語の主人公は「ライオン・キング」でプライドランドの王の座を受け継いだ“シンバ”の第二子“カイオン”。そのカイオンがプライドランドの平和を守る伝説のガーディアン“ライオン・ガード”のリーダーを受け継ぐところから物語は始まる。ライオン・ガードの新リーダーとなったカイオンが、個性豊かな仲間たちと共に、ときにぶつかり、ときに協力し合いながら、王国に起きるさまざまな事件を乗り越えプライド・ランドを守っていく。

 放送に先駆け、シンバ、ティモン、プンバァの声を演じる宮本充、三ツ矢雄二、畠中洋がコメントを寄せた。

■シンバ役 宮本充
「初めてシンバの声を演じてからもう20年以上たち、僕もその間に結婚して2児の父となりました。シンバとともに成長しているような気がします。こうしてひとつの役をいつまでも演じられるのは、本当にうれしいことです。見どころは、ライオン・ガードとなったカイオンたちがいろいろなことを学んで成長していく過程。さりげないせりふの中に多くの教訓が含まれているような気がします。そしてやはり歌。僕も歌います。お楽しみに!」

■ティモン役 三ツ矢雄二
「ティモンは大好きな役なので、再び演じられてチョーうれしいです。『ライオン・キング』の世界そのままに新しい『サークル・オブ・ライフ』が始まります。『ライオン・ガード』の活躍をおたのしみに。ティモンの活躍もね!」

■プンバァ役 畠中洋
「あらためてプンバアの持つかわいらしさにノックアウトされてます。とっても思慮深いところ、それとは真逆の抜けたところ、全てが愛しいキャラクターです。「ライオン・キング」からのおなじみのキャラクターに加え、『ライオン・ガード』に登場する主要なキャラクターたちは、とても個性的でキュートな動物たち。いろんな冒険が待っています。ぜひご家族でお楽しみください」

ディズニー・チャンネル公式サイト(DisneyChannel.jp
公式Twitter:@disneychanneljp

(c)Disney

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える