• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星ユナク、ソロでの大舞台に「うれしいしすごく光栄です」

TGM ユナク

ユナク(超新星) (C)TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016

 6人組ダンスボーカルグループ・超新星のユナクが、3月20日(日)に国立代々木競技場第一体育館にて開催された「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016 Supported by Samantha」に登場した。

 ユナクは、超新星として2月26、27日に同会場でグァンス、ソンモ、ジヒョク、ゴニルの入隊前最後のステージとなったファンミーティングを開催したばかり。「二度とここに立つのは難しいなと思っていたんですが、またこういう機会があってうれしい。東京ガールズミュージックフェスに参加できてすごく光栄です」と喜びをかみしめ、約3週間ぶりにファンの前に元気な姿を見せた。ダンサーを引き連れ、1stソロアルバム「STARTING OVER」から「Kiss You」をパフォーマンスした後、トークでは持ち前の親しみやすさで「僕は超新星のリーダー、ユナクです。よろしくお願いします!」とあいさつ。客席からユナクコールが沸き上がると、「わぁ!」と声を漏らし、感無量の表情を浮かべた。

 大舞台でのソロステージとあって緊張した様子ながら、「今回のテーマは“Party”ですよね。僕もパーティーが大好きなんですけど、皆さんも好きですかー?」と観客の反応を楽しむ余裕も見せた。「今日は僕以外にも素晴らしい日本のJ-POPアーティストさんがたくさんいらっしゃるので、観客の皆さんも本当に楽しめるんじゃないかなと思います。僕も(ステージの)後ろでずっとJ-POPアーティストさんを応援してるので、皆さんも最後まで楽しんでください!」と呼びかけるとともに、「次の曲は僕のシングルの中で一番ノリノリな曲なので選びました。皆さんとこの曲でお別れなんですけど…」と告げると、早すぎる別れに会場からどよめきが沸き上がる場面も。ユナクは「また機会があれば皆さんと楽しい時間を過ごせればと思っています」と感謝を伝え、セクシーなダンスナンバーの「ドラドラCrazy Love」でステージを華やかに締めくくった。

「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016」(TGM)は、史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」(TGC)がプロデュースする音楽フェスの第1弾。TGMとプラチナパートナーのSamantha Thavasaとのコラボレーションにより、“PARTY”をテーマにファッション&ミュージックを融合したスペシャルステージを展開。E-girls、EXILE SHOKICHI、華原朋美、Crystal Kay、Silent Siren、超特急、DEEP、BOYS AND MEN、MACO、安田レイ、ユナク(超新星)と豪華アーティストが集結。さらに、シークレットアーティストとしてDOBERMAN INFINITY、THE SECONDが参加した。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える