• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「私たちは相当な“ととファン”」『とと姉ちゃん』完成試写会で高畑充希が西島秀俊との共演を熱望

「とと姉ちゃん」完成試写会

「とと姉ちゃん」完成試写会

 4月4日(月)からスタートする連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の第1週完成試写会が行われ、ヒロイン・小橋常子を演じる高畑充希、父・竹蔵役の西島秀俊、母・君子役の木村多江が登壇した。

 高畑充希演じる3姉妹の長女・小橋常子が、生前の父の教えを胸に父親代わりとなって2人の妹と母を守り懸命に生きていく『とと姉ちゃん』。常子はやがて、生活雑誌「あなたの暮らし」を創刊し、高度経済成長期に一世を風靡する雑誌へと成長させていく。

 今回披露された第1週では、内田未来が演じる常子の幼少時代、小橋家の静岡県・浜松での生活が描かれる。そのため「私は1週目はほとんど出演していないので、一番視聴者目線というか、一番楽しみにしていた部分がありました」と高畑。1週目を見て「“とと(西島)が生きている”。自分の想像でしかつくられていなかった人が生きていて、すごい温かい家族があって。だから、友達と出来上がったDVDを見て号泣してしまったんです」と、生前の父・竹蔵のいる小橋家に感動したという。さらに、「(共演がないため)ととを見ていなかったので、全部楽しみにしていました。ととが動いていることに(笑)。自分の幼少期を自分で知らないうちに大人になっているので、家族の感じとか、記憶喪失になって思い出のアルバムをめくるような。だから全部すごく楽しみだったんです。普通に家族がご飯を食べているシーンだけでも、うれしくなっちゃって、ととがいて」と感想を語った。

 また、撮影での共演シーンはないものの西島の印象を聞かれると、「素敵でした。子役ちゃん3人も、私たち3人も相当なととファンなので、ととがNHKの番組とかに出られていて前室で見つけると、みんなのはしゃぎようが異常なんです。テンションがすごく上がる」と。以前から、『とと姉ちゃん』の取材会では西島との共演を熱望していた高畑だが、「一緒に同じシーンを撮りたくて、(脚本の)西田(征史)さんに頼んだんですけど、無理って言われました(笑)」と明かした。

 それを聞いた西島は「僕も本当に、幽霊でもなんでもいいから出してもらいたかったんですけど、ちょっと叶わないようなので非常に残念です」と。続けて「娘たちの今後の成長を視聴者のみなさんと一緒に見守っていきたいです。これからどんどん3姉妹が成長していくんだと思うと、本当の父親のように楽しみにしています」とメッセージを送った。

 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は4月4日(月)スタート。また、詳細が発表されていない宇多田ヒカルが担当する主題歌「花束を君に」の全容もこの初回放送で明らかになる。

■連続テレビ小説『とと姉ちゃん』
4月4日(月)~10月1日(土)<全156回>
NHK総合 毎週月~土 前8:00~8:15
BSプレミアム 毎週月~土 前7:30~7:45
公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp/totone-chan/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える