• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

プロレスラー髙山善廣が気合の黒髪!芦田愛菜&シャーロットW主演『OUR HOUSE』に出演決定

『OUR HOUSE』で救急救命士を演じる髙山善廣

 芦田愛菜、シャーロット・ケイト・フォックスW主演の新ドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)にプロレスラー・髙山善廣が出演することが発表された。

 『OUR HOUSE』は、フジテレビ系で4月から日曜夜9時に新設されるドラマ枠の第一弾として放送されるハートフルホームコメディー。芦田愛菜、シャーロット・ケイト・フォックスが初共演にしてW主演を務め、脚本を野島伸司が担当。ほかに、山本耕史、橋爪功、松下由樹、塚本高史、加藤清史郎、寺田心らが出演する。

 髙山が演じるのは、芦田演じる伴桜子の父親・奏太(山本耕史)の姉・赤尾琴音(松下由樹)の夫である赤尾拓真。桜子から見ると“伯母の夫”となる拓真の職業は救急救命士で、妻の琴音は救急病院の救急医として働く有能な医師。拓真は琴音から、若い看護師との浮気を疑われていて、腹を立てた琴音に実家の伴家で戻られてしまい、現在別居状態。拓真は、何とか琴音に許してもらおうと、度々、桜子たちが暮らす伴家を訪れては琴音に謝っているものの怒られっぱなしで…という少し情けないところのある役柄。髙山は、今回の『OUR HOUSE』出演に際して、自身のトレードマークとも言える金髪を黒髪に染めた上に、髪を短く切るほど気合を入れている。

 髙山はこれまで、大河ドラマ『功名が辻』(NHK・2006年)などさまざまなドラマに出演してきたが、連続ドラマにレギュラー出演するのは今回が初めて。また、髙山が金髪を黒髪に染めたのは、自身も「記憶があいまい」と語るほど遠い過去の話で、およそ15年以上ぶりのこととなる。また、髪を短くしたのは、新弟子時代以来およそ25~30年ぶりだという。

 髙山は「まずは、『僕で、いいんですかね』と(笑)。ホームコメディということで、僕は、存在自体が日常的じゃないので(笑)。今までは、用心棒役とか忍者の怪物とか、怖い人の役が多かったのですが、今回は普通の人の役だったので、なおさら『いいのかな』と(笑)」と、出演依頼を受けたときの感想を。

 実際に撮影に参加した感想については「周りが、本当にプロの役者さんばかりなので、とにかく足を引っ張らないようにと思っています。それだけですね。必死なので、まだ撮影を楽しめてはいません(苦笑)」と。

 自身が演じる赤尾拓真という役柄については「真面目すぎますね。僕だったら、考えられないですね。奥さんに対してだったり、仕事は…僕も真面目にやりますけど(笑)、生き方が真面目ですもん。浮気の疑いをかけられて、拓真はずっと『すいません、すいません』と謝っている。僕なら『だったら別れてやる!』とか言ってしまいます(笑)。でも、奥さんの尻に敷かれているところは、自分と変わらないですけどね(笑)。もちろん、ドラマのように奥さん(松下由樹)に、スリッパでたたかれたことはないですけど(笑)。拓真は救急救命士ですが、僕自身、ライフガードをやっていたので、勉強して赤十字のライセンスを取ったことがあるんです。だから、もう一回そういうことを思い出さないといけないなと思います。実際、友達や後輩に救命士が何人もいます」と語った。

 出演にあたり、髪を染めたことについては「15年以上も金髪だったんですけど、黒くしました。金髪の救命士はいませんから。“気合の表れ”といえば、そうかもしれませんけど、自分としては『仕事だから当たり前でしょ』と思っています。でも、近所の人はビックリしていました(笑)。10数年、会っても会釈しかしなかったおじさんが『お、どうした?』って、しゃべりましたからね(笑)。『しゃべれるじゃん!』って(笑)。10歳の息子も、生まれた時から金髪しか知らなくて。ビックリするかと思って、事前に『お芝居で黒くするからね』と言いました。自分自身も、まだ全然慣れなくて、鏡で見るたびにビックリします(笑)」と語った。

 監督からの演技指導については「『とにかく、楽しんで』って、なぐさめてくれるように言ってくださいました(笑)。監督から、『楽しんで』と言われると、『またなぐさめられてるわ…』って(笑)」と。

 芝居とプロレスについては「間(ま)の部分の掛け合いは、それぞれ通じる部分があるんですが、持っている技術がまったく違うので、それを生かし切れてないですね。プロレスは、言葉ではなく肉体のやりとり。芝居は、セリフのやりとりなのでつらいですね(笑)」と慣れない演技に苦労している様子。

 それでも、「自分が知らなかったものを引き出してもらえるので、楽しいです。それによって、自分がどう変われるのか、そこもすごく楽しみです。結果的に変わった自分を見て、楽しんでくれる人がいればいいと思います。プロレスでも、いろいろなことに挑戦してきて、やりつくした感じがあるんですけど、そういう意味で、新しいものに挑戦したいという思いはあります。カッコよく言うと、“挑戦しないと終わっちゃいますから”。終わってしまったら、やることがなくなってしまうので、これからも新しいものをどんどん見つけていきたいです」と前向きに取り組んでいることを明かした。

 ファンの皆さんに向けては「いつも威張り散らして、相手をボコボコにしている髙山が、ボコボコにされていますので、注目してください(笑)。奥さん役の松下さんにスリッパでたたかれていますけど、スリッパが柔らかすぎて、全然痛くないんです(笑)。もっと固いので、たたいてほしいくらいです(笑)」とメッセージを送った。

『OUR HOUSE』
フジテレビ系
4月スタート 毎週(日) 夜9時~9時54分

キャスト:
芦田愛菜 シャーロット・ケイト・フォックス 山本耕史 加藤清史郎 寺田 心 松田芹香 髙山善廣 
渡辺 舞 犬飼貴丈 / 塚本高史 松下由樹 橋爪 功 他

脚本:
野島伸司(『101回目のプロポーズ』『愛という名のもとに』『ひとつ屋根の下』『薔薇のない花屋』など)

演出:
永山耕三(『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』『ひとつ屋根の下』『ロングバケーション』など)
澤田鎌作(『リップスティック』『人にやさしく』『西遊記』『CHANGE』など)
加藤裕将(『ラスト・フレンズ』『イノセント・ラブ』『GOLD』『ブスと野獣』など)

プロデュース:
太田 大(『パーフェクト・リポート』『名前をなくした女神』『ファースト・クラス』など)
高田雄貴(『テディ・ゴー!』『超限定能力』)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える