• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「皿洗いと荷物の整理整頓が大好き」ディーン・フジオカが“家事メン”ぶりを明かす

ダスキン“家事シェルジュ” ディーン・フジオカ

ダスキン“家事シェルジュ” ディーン・フジオカ

 俳優のディーン・フジオカを起用したダスキンの新CM「家事シェルジュ・登場」篇(30秒)が、3月26日(土)から全国で放映スタート。

 今回、新CMでフジオカが扮するのは“家事シェルジュ”。これは家事とコンシェルジュを組み合わせた造語で、「家事の困りごとは家事シェルジュ(=ダスキン)に」というメッセージが込められている。フジオカは新アンバサダーに就任し、主婦たちの頼れる助っ人をクールに演じている。

 CMでは、眼鏡にタキシードのような制服を着たフジオカが、とある家を訪問。浴槽やエアコンなどの部屋の汚れを、徐々に語気を強めながら指摘していく。彼がたどり着いた先には、事件現場のように倒れている女性の姿が。眼鏡を外しながら、女性に「お待たせしました、奥様」と優しくささやき、「すべて私にお任せください」と頼もしいひと言で締めくくる。

 この家事シェルジュ、基本的には優しくて頼りになる紳士だが、汚れやホコリを目にすると腹立たしさのあまり感情的になってしまうという役柄。撮影ではフジオカが熱い演技と冷静な演技を演じ分けていたという。監督業もこなすフジオカは、現場の機材やセットに「美術チームの技術力の高さを目の当たりにしました」と高い関心を示していたそうだ。

 また、フジオカは好きな家事について、「皿洗いと荷物の整理整頓」と。「時間ができたら家でもよくやっています」と家事メンぶりも明かした。

 さらに、毎日家事を頑張る人々に向けて「いつも本当にご苦労さまです。日々たくさんの家事や用事があって忙しい中、大変だと思いますが、ぜひダスキンの“家事シェルジュ”を使って、休む時間をつくってください。ゆっくり休憩できるように、ぜひまずはCMを見ていただいて、どういう変化が訪れるのか感じてみてください」とコメントを寄せた。

 新CMは、3月26日(土)より放映される。

【CM概要】
広告主:株式会社ダスキン
作品名:「家事シェルジュ・登場」篇(30秒)
出演:ディーン・フジオカ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える