• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「私は、幸せでした」高橋みなみ AKB48卒業コメント

高橋みなみ

高橋みなみ

「私が人生で一番、初めて一生懸命になったことが、AKB48でした。14歳から10年間、今24歳です。いろいろなことがありました。楽しかったこと、辛かったこと、たくさんのメンバーとの出会い、その数の別れ。取り残されていく自分、いっぱいいっぱい泣きました。『辛いなら辞めればいい』一度母に言われたことがあります。でも、その時辞めなかったのは、AKB48が大好きだったからです。AKB48になっている自分が、もがいている自分が好きでした。だから、ずっとこのグループにいたいと思いました。メンバーとみんなとずっといたいと思いました。
でも、それではいけないということを知りました。好きだからこそ、前に進まなければいけない、そう教えてくれたのは、先に卒業していった仲間たちの姿でした。私にもまだやってみたいことがたくさんある、自分を試してみたい、だから、10年を振り返るのは今日で終わりにしようと思います。前に進もうと思います。
これから歩む道、自分の無力さに苦しくてへこたれることもたくさんあると思いますが、後ろを振り返ればたくさんの仲間たちがいる、たくさんの後輩たちがいる。その子たちに、いい背中を見せたい、だから、ここで約束させてください。私、高橋みなみは『努力は必ず報われる』と卒業したこの先、必ず証明します。それがAKB48にできる私の恩返しです。
いつだって優しい声をかけてくれる皆さんの温かさに10年間支えられました。皆さんの声がなかったら、私はここにはいないと思います。こんな寒い中来てくださった皆さん、48グループを愛してくださっている皆さん、本当にありがとう。
舞台チーム、こんなすてきな場所を用意してくれてありがとう。
衣装・メイクチーム、いつもすてきな衣装を作ってくれて、私たちをアイドルにしてくれて本当にありがとう。
メイキング・ムービーチーム、いつも邪険にしてごめんなさい。みんながいい画を撮ってくれるから思い出がいっぱいです。ありがとう。
スタッフ・マネージャーチーム、変な人ばっかりです。スタッフらしくないし、マネージャーらしくないけど、一生懸命頑張ってくれるみんなが大好きでした。本当にありがとう。
そして最後に、秋元先生、こんな最高のグループをつくってくださり、本当にありがとうございます。私は、幸せでした」

(コンサートアンコール明けのあいさつ)

横山由依総監督「各グループの良さが出た」『第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦』開催(http://www.tvlife.jp/2016/03/28/59279

高橋みなみ「AKB48の未来を託します」『卒業コンサート』で全31曲熱唱!(http://www.tvlife.jp/2016/03/28/59295

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える