• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田涼介主演「暗殺教室~卒業編~」5日間で観客動員100万人突破

「暗殺教室~卒業編~」

 3月25日(金)に全国319スクリーンで公開された映画「暗殺教室~卒業編~」が、公開初週の土日2日間で観客動員数544,641人、興行収入639,193,900円(3月26日~27日)を記録。2016年に公開された邦洋全ての映画作品の中で、オープニング興行成績(土日2日間)の第1位(興行通信社調べ)となるメガヒットスタートとなった。

 さらに、前作が公開後9日間で観客動員数100万人を突破したのに対し、本作はわずか5日間で達成。公開後5日間での100万人突破は、2016年公開作品の中で最速となる。

 映画「暗殺教室~卒業編~」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)連載の人気漫画「暗殺教室」の実写映画化第2弾。フジテレビで2015年1~6月にアニメ『暗殺教室』を放送、2016年1~6月にかけて第2期のアニメを放送中。2015年3月に公開された映画第1弾「暗殺教室」は、興行収入27億円を超える大ヒットを記録した。

 原作漫画は3月19日発売号の「週刊少年ジャンプ」で完結。映画も「卒業」をメーンテーマに、殺せんせーの過去、3年E組の結末など、原作者・松井優征が「この映画を見て3回泣きました」と語るほどの感動のストーリーとなっている。

 映画「暗殺教室~卒業編~」は全国東宝系にて大ヒット公開中。

公式HP(http://www.ansatsu-movie.com/

(c)2016 フジテレビョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT
(c)松井優征/集英社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える