• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ウディ・アレン最新作『教授のおかしな妄想殺人』6・11公開決定

『教授のおかしな妄想殺人』

 ウディ・アレン監督待望の最新作『教授のおかしな妄想殺人』が6月11日(土)に公開されることが決定した。

 本作は、人生の不条理を独特の哲学で描いたウディ・アレン監督の最新作。アメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……。

 主演は『her/世界でひとつの彼女』のホアキン・フェニックス。初めてウディとタッグを組み、一癖も二癖もある哲学教授エイブを魅力的に演じている。ヒロイン役は、前作『マジック・イン・ムーンライト』から続投となるエマ・ストーン。教授に惹かれていく女子大生ジルを存在感たっぷりに演じた。

『教授のおかしな妄想殺人』は、6月11日(土)丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開。

『教授のおかしな妄想殺人』
6月11日(土)丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開

監督&脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)
出演:ホアキン・フェニックス(『her/世界でひとつの彼女』)、エマ・ストーン(『マジック・イン・ムーンライト』)、パーカー・ポージー(『ブロークン・イングリッシュ』)
日本語字幕:石田泰子
<2015年カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門正式出品>

提供:KADOKAWA、ロングライド
配給:ロングライド

公式サイト(kyoju-mousou.com

Photo by Sabrina Lantos(c)2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える