• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

魔裟斗が“鷹匠”に挑戦「すごくかわいい目をしていた」

魔裟斗が「ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ」放送記念イベントに登場

 全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルで4月16日(土)に日本初放送される「ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ」の放送記念イベントが行われ、格闘家の魔裟斗が登壇した。

 本作の主役であるライオン=獅子(しし)にちなんで、4月4日に春休み中の子供たちと共に自然界のバランスを学ぶという趣旨で開催されたこのイベント。

 冒頭で男の子から「魔裟斗さんは子供のころから強かったんですか?」と質問された魔裟斗は、「生まれたときに4700グラムあったから、人よりも大きくて強かったね(笑)。強いと自分に自信が出て、人に優しくなれるんだよ」と。

 また、自身の子育てについては「娘が僕の子供のころにそっくりでおてんばなので、けがが心配ですね。でもやりたいことは何でも経験させたいと思っています」と語った。

 続いて、動物博士の富田京一先生が、「ライオン・ガード」の舞台であるアフリカのサバンナに住むヒョウモンガメを連れて登場。魔裟斗は「足を触ってみたら弾力がありました。いい筋肉してますね(笑)」と感想を。また、生態系ピラミッドのパネルを使って、自然界のバランス、そして「ライオン・ガード」や「ライオン・キング」でテーマとして描かれる「サークル・オブ・ライフ」について、分かりやすく解説するミニ授業も行われた。

 イベントの最後には、ライオンと同じく、生態系ピラミッドの頂点に君臨する、本物の鷹が登場。子供たちが至近距離で見る鷹の姿に驚いたり、怖がったりする中、魔裟斗が実際に“鷹匠”の技に挑戦。魔裟斗は、「鷹を腕に乗せたのは初めてですが、すごくかわいい目をしていました」と、余裕の笑顔を見せた。

 魔裟斗は最後に「『ライオン・ガード』は、『ライオン・キング』から続く壮大なストーリーです。音楽や映像も素晴らしく、親子で楽しめる作品なので、ぜひご覧ください」と、見どころをアピールし、イベントを締めくくった。

「ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ」
4月16日(土)14・30~15・30

「ライオン・ガード」
5月15日(日)スタート
毎週(日)8・30~9・00
※15日のみ9・30~10・00

ディズニー・チャンネル公式サイト(DisneyChannel.jp
公式Twitter:@disneychanneljp

(c)Disney

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える