• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

市川猿之助、宙乗り800回達成!『ワンピース』博多座公演開幕

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

 四代目市川猿之助が国民的人気漫画『ONE PIECE』に挑んだ、スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』が4月2日に福岡・博多座公演初日を迎えた。

 今回、原作の中でも人気の高い《頂上戦争編》を舞台化。『ONE PIECE』の壮大で魅力あふれる世界観を、四代目市川猿之助がスーパー歌舞伎IIの舞台で新たに創造した。2015年10、11月の東京・新橋演舞場公演は、10万人を超える観客で連日超満員。歌舞伎ファン、原作ファンばかりでなく幅広い世代から注目を集めた。2016年3月大阪松竹座では、新キャストに平岳大らを加え、演出もバージョンアップ。早替わり、宙乗り、本水、フライングなど「考える暇を与えない演出(猿之助談)」で観客を魅了。そして『ワンピース』最終公開地、博多座公演を迎えた。

 博多座は2月末より開館16年目にして初めての長期休館を館内リニューアルを行い、最新鋭の音響・照明機材の導入したばかり。そんな博多座リニューアル記念公演第一弾として出発する『ワンピース』の初日には、猿之助が記念すべき宙乗り通算800回を達成。博多座出演は初めてという平岳大と共に心境、意気込みを語った。

■四代目市川猿之助(ルフィ・ハンコック・シャンクスの3役)

――博多座公演初日を迎えるにあたって意気込みは?

東京、大阪でも大入りの『ワンピース』でした。博多座公演でもきっと入手困難になると思います。
大阪公演から新たな演出を加えましたがリニューアル後の博多座に相応しく福岡公演では更に演出を足しました。自画自賛ですが素晴らしい作品に仕上がったと思います。

――初日800回宙乗りについて

博多公演の初日に800回を狙った訳ではないですが、運命的な物を感じます。伯父の記録を達成するには、あと4200回宙乗りしなければいけないので…(笑)まだまだ遠く及びません。800回を博多座で迎えた事は一生忘れないと思うので良い時期に公演を迎えられて良かったと思います。
『ワンピース』の宙乗りはアトラクションの様な宙乗りになっています。お客様が総立ちで手拍子をしている姿は圧巻!いつも絶景を楽しんでいます。
特に博多座は広さがある為、吊られて非常に気持ちの良い劇場です。私は日本の劇場の中で一番好きです。

■平岳大(エース役)

――博多座公演初日を迎えるにあたって意気込みは?

大阪からの参加ですが回数を重ねるたびに芝居が変わっていくので見どころは言い尽くせないくらいたくさんあります。一度見た方も福岡公演も是非見ていただきたいと思います。
次回はぜひ猿之助さんと一緒に宙乗りをしたいですね(笑)。

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

公演期間:2016年4月2日(土)~26日(火)
会場:博多座(福岡市博多区下川端町2-1)

■スタッフ
原作:尾田栄一郎
脚本・脚本:横内謙介
演出:市川 猿之助
スーパーバイザー:市川猿翁

■出演者
ルフィ/ハンコック/シャンクス:市川 猿之助
白ひげ:市川右近
ゾロ/ボン・クレー/スクアード:坂東巳之助
サンジ/イナズマ:中村隼人
マルコ/サディちゃん:尾上右近
ナミ/サンダーソニア:市川春猿
戦桃丸/はっちゃん:市川弘太郎
アバロ・ピサロ:市川寿猿
ベラドンナ:坂東竹三郎
ニョン婆:市川笑三郎
ジンベエ/黒ひげ:市川猿弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド:市川笑也

マゼラン:市川男女蔵
つる:市川門之助

エース:平岳大
赤犬サカズキ/ブルック:嘉島典俊
センゴク/イワンコフ:浅野和之

<あらすじ>
海賊王を目指す主人公ルフィとその仲間たち・麦わらの一味が “ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を巡り、大冒険を繰り広げる!大秘宝ワンピースを探す大いなる航海の次なるステップ、新世界への入り口となるシャボンディ諸島での海軍との戦いの中で、麦わらの一味は散り散りになってしまう。一人になったルフィは兄エースの処刑宣告の知らせを聞き、救出に向かう。侵入不能の海底監獄を突破するルフィだが、エースは海軍本部に移送されてしまった後。そしてついにその海軍本部を舞台に、エースを救おうとする海賊団やルフィと、海軍との間で壮絶な決戦が繰り広げられる!!

製作:松竹株式会社
主催:博多座
協賛:日本生命保険相互会社
チケット問合せ:博多座電話予約センター 092-263-5555(10:00~18:00)
HP(http://www.hakataza.co.jp/lineup/h28-4/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える