• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

芳根京子が次期朝ドラヒロインに!「自分らしさを忘れず、自分の意思をもって演じたい」

女優・芳根京子が連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK総合)のヒロインに

 平成28年度後期の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK総合)のヒロインが、女優・芳根京子に決定。4月6日(水)、芳根が取材会で意気込みを語った。

 本作は、95作目となる連続テレビ小説。戦前から戦後の神戸・大阪を舞台に、子供服専門店をオープンさせた女性の人生を描く。

 主人公・坂東すみれの名前にちなみ、衣装スタッフオリジナルのすみれ色のドレスで登場した芳根。2261人から見事ヒロインを射止めた芳根だが、まだ決定の実感はないそう。それもそのはず、なんと発表はこの前日だったそうで、「まだ不思議な気持ちです。でも、すみれと二人三脚で頑張りたいです」と声を弾ませた。

 洋服作りがテーマの本作のオーディションでは、「好きな先輩に雑巾を縫う」という裁縫のアドリブ芝居も求められた。祖母と一緒によく裁縫をしていたという芳根は、「きた!コレならできる!」と思ったそうだが、「緊張して2~3分は針に糸が通りませんでした(笑)」と告白。しかし、「カンペで指示を出されたりすることが新鮮でした」と、アドリブ芝居を楽しんでいたようだ。

 芳根は、「朝ドラのヒロインは、ものすごく大きな目標であり夢でした。今は本当にびっくりしていますが、私にしかできない、私らしいすみれになりたいです。自分らしさを忘れず、自分の意思をもって演じていきたいです」と、クランクインに向け決意を語った。

『べっぴんさん』は、10月3日(月)スタート予定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える