• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「100億円を目指す!」社長・友近が渡辺直美らと新会社設立!?

友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代が新会社「ゴーストバスターズ・ジャパン」会社設立発表会に登場

 新会社「ゴーストバスターズ・ジャパン」の会社設立発表会が行われ、友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代が登場した。

 8月公開の映画『ゴーストバスターズ』に登場する全員女性の新生ゴーストバスターズを盛り上げるべく設立された「ゴーストバスターズ・ジャパン」。最大の使命は、映画『ゴーストバスターズ』をヒットさせることで、社長の友近からは会社の事業展開、ほかの3人はそれぞれのマニフェストを宣言した。

 社長に就任した友近は、女社長風フリルブラウスに身を包み「ゴーストバスターズ・ジャパンは日本で8月19日(金)より公開となる映画『ゴーストバスターズ』ヒットのために多岐にわたる事業を展開していきます!」と声高らかに宣言。広報担当役員の渡辺直美、財務担当役員の椿鬼奴、営業担当役員の山崎静代を呼び込み、4人は『ゴーストバスターズ』のテーマ曲に合わせてノリノリで即興ダンスを披露した。

 ひとりだけ超ミニスカート姿の広報担当・渡辺は「来日イベントの実施、日本中でイベント活動をしたいです!そして本当にお化けを捕まえてインスタに上げたいです!どんな映画にも負けない宣伝活動をしたいと思います」と野望を語った。

 財務担当・椿鬼奴は黒のパンツスーツで「家庭は火の車ですが、会社は必ず成功させます!」と意気込み、「私の業務内容は東証一部上場を目指すこと、資産管理として自社ビルを吉本東京本社の隣に設立することです。お金といえば私ということで、個人的にもさまざまなギャンブルをしてお金を増やしていきたいですね」と抱負を語った。

 営業担当・しずちゃんは「私は営業担当としてチケットの拡販や劇場動員、他社への営業活動などに努めてまいります。チケットは私が全国行脚して手売りします。ひとまず吉本の芸人には全員買わせます。映画の公開後も劇場に殴り込みをかけて、より一層『ゴーストバスターズ』を知ってもらえるよう頑張ります。覚悟しいや!」と剛腕ぶりを予感させた。

 そして友近社長より「興行収入100億円を目指します!」と、ゴーストバスターズ・ジャパンの重大マニフェストが発表されると、財務の椿鬼奴から「全米で?」とツッコみが。友近は「日本でです」と宣言し、「マニフェストの100億円を達成したら…株式会社を設立します!」と発表。しずちゃんから「今は株式会社じゃないの?」と指摘されると、友近は「今は『幽霊会社』です」と見事なオチを披露し、会場を笑わせた。

 最後は、「小学校給食の時間に『ゴーストバスターズ』の音楽を流していたほど思い入れのある作品なので夢みたいです」(友近)、「若い子たちに見てもらえるよう広報担当として頑張ります!」(渡辺)、「若い日の思い出の映画にかかわることができてうれしいです」(椿鬼奴)、「女性4人が主役ということで楽しみです。皆さん見てください!」(しずちゃん)とそれぞれアピール。報道陣にも「ゴーストバスターズ・ジャパン」の名刺を配り、会社設立発表会を終えた。

映画『ゴーストバスターズ』
8月19日(金)より公開

監督:ポール・フェイグ
製作:アイヴァン・ライトマン(『ゴーストバスターズ』シリーズ監督)
キャスト:
クリステン・ウィグ(『オデッセイ』)、メリッサ・マッカーシー(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)、ケイト・マッキノン(『テッド2』)、レスリー・ジョーンズ(「サタデー・ナイト・ライブ」)、クリス・ヘムズワース(『アベンジャーズ』)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える