• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

M・デイモン主演×R・スコット監督の映画「オデッセイ」興行収入35億円を突破

映画「オデッセイ」

 NASAの全面協力の下、火星に一人ぼっちで取り残された宇宙飛行士の想像を絶する運命を描く、大ヒット公開中の映画「オデッセイ」。マット・デイモンを主演に迎え、巨匠リドリー・スコットが監督を務めた感動の超大作が、興行収入35億円を突破し、2016年公開の洋画作品記録を更新した。

 日本では2月5日(金)より全国833スクリーンで公開され、公開3日間で41万人を動員、興収6億2860万円のロケットスタートを切った本作。公開4週目でも好調をキープし、公開から一か月がたった5週目の土日で30億円の大台に乗るヒットを記録した。そしてついに公開から9週目となる3月31日、興行収入35億1173万9800円、動員243万1851人を突破し、2016年公開の洋画作品の中で初となる興収35億円突破を記録した。

 マット・デイモン演じる主人公ワトニーのポジティブさや、NASA全面協力の下大規模なセットと視覚効果で創り出した圧倒的な火星のビジュアル、火星でのじゃがいも栽培などのユニークさも話題を呼んだ。

 たった一人の男の不屈の挑戦が、心揺さぶる“史上最大の奇跡”をたぐり寄せるアドベンチャー超大作「オデッセイ」。ワトニーをはじめとする登場人物たちの苦難、絶望、そして希望に縁どられた長い旅路の先の最高の興奮と感動が、今なお日本中を席巻している。

<ストーリー>
人類による有人火星探査計画が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、その一人であるマーク・ワトニー(マット・デイモン)飛行士は暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に命を取り留めていた。一人ぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食料も酸素も水も絶対的に足りていない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して“生き延びる”ことを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAの同僚やクルーは、地球上全ての人々が固唾をのんで見守る中、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行する。

『オデッセイ』
TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー中
20世紀フォックス映画配給

公式サイト(http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える