• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

本郷奏多主演舞台『ダンガンロンパ』新ビジュアル公開!4・9一般発売開始

舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』

 全国4都市で再演ツアーを行う本郷奏多主演の舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』の新ビジュアルが公開された。今回公開されたのは、“超高校級の御曹司”十神白夜役・中村優一と、“超高校級の文学少女”腐川冬子役・七木奏音。

 本郷奏多主演で上演された『ダンガンロンパ THE STAGE』第1弾は全公演ソールドアウト。昨年、横浜流星を主演に迎えて上演された第2弾『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』も大きな話題を呼んだ。

 最新作『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』は、主演・本郷奏多の続投で今年6月から7月にかけて、東京、名古屋、大阪、神奈川で再演ツアーを開催。初演舞台から続投となるヒロイン役の岡本玲、松風雅也、宮下雄也、石田晴香(AKB48)、池端レイナ、初出演となるチョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿、雨野宮将明、七木奏音、村田充、杉江大志、中村優一、南海キャンディーズの山崎静代、佐藤すみれ(SKE48)、岩田華怜、泉貴(THE HOOPERS)、森山千菜美が出演する。また、一般オーディションから選ばれた“超高校級のアイドル”舞園さやか役に元アイドリング!!!の後藤郁、そして初演に引き続き“超高校級のギャル”江ノ島盾子役を演じる神田沙也加とバラエティに富んだキャスティングで注目を集めている。

 チケットの一般発売は4月9日(土)午前10時よりスタート。

『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』

■東京公演
Zeppブルーシアター六本木
6月16日(木)~6月26日(日)
http://www.blue-theater.jp/

■名古屋公演
東海市芸術劇場
7月1日(金)~7月2日(土)
http://www.tokai-arts.jp/

■大阪公演
サンケイホールブリーゼ
7月7日(木)~7月10日(日)
http://www.sankeihallbreeze.com/

■神奈川公演
横浜・関内ホール
7月14日(木)~7月16日(土)
http://kannaihall.jp/

<チケット料金>
特別傍聴席…¥12,000
特別傍聴席/パンフレット付…¥13,500
特別傍聴席/Vブック&パンフ付…¥16,000
S席…東京/神奈川¥9,000、名古屋・大阪¥8,000
S席/パンフレット付・・・東京/神奈川¥10,500、名古屋/大阪¥9,500
S席/Vブック&パンフ付…東京/神奈川¥13,000、名古屋/大阪¥12,000
A席…¥5,000

※特別傍聴席…上演台本(非売品)+オリジナルグッズ付。
※特別傍聴席特典のオリジナルグッズは東京・名古屋・大阪・神奈川で異なるデザインとなります。
※パンフレット付…座席指定券+公演パンフレット+ポストカード(非売品)付。
※Vブック&パンフ付…座席指定券+オフィシャルビジュアルブック+公演パンフレット+ポストカード(非売品)付。
※未就学児入場不可。
※出演者は変更になる場合があります。尚、出演者変更に伴うチケットの変更・払戻しはお受けできません。

<出演者>
本郷奏多/岡本 玲・中村 優一・七木 奏音・松風 雅也
長田 庄平(チョコレートプラネット)・松尾 駿(チョコレートプラネット)・
雨野宮 将明・池端 レイナ・宮下 雄也・村田 充・杉江 大志・石田 晴香(AKB48)・
泉貴(THE HOOPERS) ・森山 千菜美・佐藤 すみれ(SKE48)・岩田 華怜・
松田 彩希・後藤 郁/山崎 静代(南海キャンディーズ)/神田 沙也加

脚本・演出:田尾下 哲
シナリオ監修:小高 和剛(スパイク・チュンソフト)
音楽:高田 雅史(サウンドプレステージ)
原作・企画協力:スパイク・チュンソフト
制作:CORNFLAKES
後援:beachwalkers. / TOKYO MX

主催:
希望ヶ峰学園演劇部/Zeppブルーシアター六本木運営委員会(東京公演)
サンデーフォークプロモーション(名古屋公演)
サンケイホールブリーゼ(大阪公演)
KMミュージック(神奈川公演)

<あらすじ>
あらゆる分野の超一流高校生を集めて育て上げる為に設立された、政府公認の特権的な学園『私立 希望ヶ峰学園』。この学園を卒業できれば、人生において成功したも同然とまで言われている。何百年という歴史を持ち、各界に有望な人材を送り出している伝統の学園である。
国の将来を担う“希望”を育て上げるべく設立されたこの学園に、これまで至極平凡な人生をひた歩んできた主人公、苗木 誠(本郷 奏多)もまた、入学を許可されていた。平均的な学生の中から、抽選によってただ1名選出された“超高校級の幸運”として…。
入学式当日、玄関ホールに足を踏み入れたその瞬間急なめまいが苗木を襲い、彼はその場で気絶してしまう。気がついたときには、希望ヶ峰学園の校舎と思われる、密室となった建物の中だった。「希望ヶ峰学園」という名前にはほど遠い、陰鬱な雰囲気。薄汚れた廊下、窓には鉄格子、牢獄のような圧迫感。
その後入学式へと集まった生徒たちに、この学園の学園長と称する「モノクマ」は語りかける。「これから皆さんには一生ここで暮らしていただきます。学園から卒業したければ仲間を裏切ること、つまり…殺さなくてはなりません。」と。
主人公の苗木を含め、この絶望の学園に閉じ込められたのは、全国から集められた超高校級の生徒15人。生徒の信頼関係を打ち砕く事件の数々。卑劣な学級裁判。黒幕は誰なのか。その真の目論見とは……。
目に見えない敵との戦いが今、幕を開ける。

(c)Spike Chunsoft Co.,Ltd./希望ヶ峰学園演劇部 All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える