• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『精霊の守り人』新シーズンにディーン・フジオカ出演決定!壇蜜とのシーンも

『精霊の守り人 シーズン2』

 大河ファンタジー『精霊の守り人 シーズン2』(NHK総合)の出演者発表会見が4月8日に行われ、俳優ディーン・フジオカらの出演が発表された。フジオカは発表会には参加できなかったが、この日は主演の綾瀬はるかのほか、新キャストの板垣瑞生、壇蜜、鈴木亮平、鈴木梨央、真木よう子、柄本明が出席。来年から始まる新シーズンの意気込みを語った。

 本作は、世界中で愛される同名ファンタジー小説シリーズを映像化したドラマの第2シーズン。舞台を広大な草原や大海原に移し、壮大なドラマが展開される。

 現在放送中のシーズン1に引き続き主人公・バルサを演じる綾瀬は、「シーズン1より少し大人になったバルサを演じられたらいいなと思っています」と意気込んだ。

 恐ろしい力を持つ少女・アスラ役の鈴木梨央は、「綾瀬さんは憧れの女優さん。今回一緒にやることができて本当にうれしいし、とっても楽しみにしています」と声を弾ませ、綾瀬も「梨央ちゃんとは初めて長く一緒の撮影があるので楽しみ」と鈴木にほほ笑みかけた。2人は大河ドラマ『八重の桜』で共演しているが、鈴木はそのころより20センチも身長が伸びたそう。綾瀬は「身長が伸びたし、大人っぽくて年下と話してる感じがしない」と、鈴木の成長ぶりに驚いていた。

 アスラの母・トリーシアを演じる壇蜜は、フジオカ演じるイーハンとかつては恋仲だったという役どころ。壇蜜は「とりあえず見つめ合うシーンがあるそうです。お会いしたことがないので、本当にいることを肉眼でしっかり確認したい」と語り、会場の笑いを誘った。

 また、真木演じるシハナもイーハンに想いを寄せる設定だが、真木は「海外にいてディーンさんを存じ上げなかった。すみません」と告白。記者が真木にその人気ぶりを説明するひと幕もあった。

 大河ファンタジー『精霊の守り人 シーズン2』(NHK総合)は、2017年1月放送予定。現在放送中のシーズン1は、明日4月9日(土)に最終話が放送される。

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/moribito/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える