• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

JAY’EDが名曲「MY WAY」をカバー 今井雅之脚本「手をつないでかえろうよ」主題歌に

JAY’ED

 5月28日(土)に劇場公開される映画「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の主題歌が、JAY’EDが歌う「MY WAY」に決定した。

 本作は、2015年5月28日、53歳の若さで急逝した俳優・演出家・脚本家の今井雅之の遺作脚本「手をつないでかえろうよ」を奈良橋陽子監督が実写化。「生と死」という重厚なテーマを主軸に、川平慈英演じる主人公・真人の数奇な人生と、真人を支え、希望を導き出した真人の周りの人物たちの姿を描く感動作だ。

 主題歌に決定した「MY WAY」は、フランク・シナトラをはじめ、数多くのアーティストに愛されてきた楽曲。アレンジは、オルケスタ・デ・ラ・ルスのオリジナルメンバーとして知られ、プロデューサー・編曲家でもある前嶋康明。JAY’EDがその名曲をラテンテイストでスタイリッシュに日本語カヴァーする。

 JAY’EDは「偉大な方々が歌ってきた『MY WAY』をカバーさせていただく事に身の引き締まる思いです。今回奈良橋監督からお話を頂き、主題歌『MY WAY』を歌わせていただく事になりました。楽曲制作に入る前に、監督とプロデューサーの野村祐人さんとお会いし、この映画のこと、そして今井雅之さんの熱い想いをお聴きさせていただき心が震えました。今井雅之さんが大好きだった『MY WAY』。また、僕も現在の環境が変化するこのタイミングと、『MY WAY』の歌詞、世界観がリンクし不思議な縁を感じました。魂を込めて歌わせて頂きましたので是非皆様に聴いていただけたらと思います」とその思いを明かしている。

<ストーリー>
軽度の知的障害のある男性・真人(川平)。中学で「特殊」学級に入った真人は、バカにされたりいじめられたりしながらも、同じ障害のある女性・咲楽(七海)と出会い、ぎこちない愛情表現を交わしながら、やがて結婚する。しかし、真人は咲楽を守るため、罪を犯してしまう。咲楽との約束だった新婚旅行を思い起こすように、真人は京都府天橋立から伊勢神宮へ、自分探しの旅に出かける。その途中で出会う一人の女性・麗子(すみれ)。麗子の面影に、幼馴染で妻だった桜の影を見出していく真人。そして、数奇な運命をたどる真人の人生が回想されていく…。

「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」
5月28日(土)お台場シネマメディアージュほか 全国順次公開

出演:
川平慈英
すみれ 七海
岡安泰樹 吉田敦 勝矢 LiLiCo 藤田朋子
別所哲也 中居正広(友情出演)  板尾創路 ほか

監督:奈良橋陽子『終戦のエンペラー』

企画/脚本:今井雅之

制作:ユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオ
製作:「手をつないでかえろうよ」製作委員会
配給:KATSU-do

公式サイト(http://tetsuna.com/

(c)2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

【配信リリース情報】
「MY WAY」2016.5.25
iTunes、レコチョク等、主要配信サイトで配信リリース決定

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える