• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「体育で気配消してた」「EATとFOODしか書けなかった」壇蜜&渡辺直美、高校時代語る

「体育で気配消してた」「EATとFOODしか書けなかった」壇蜜&直美、高校時代語る

「体育で気配消してた」「EATとFOODしか書けなかった」壇蜜&直美、高校時代語る

 タレントの壇蜜と渡辺直美が、『NHK高校講座』(Eテレ/R2)の発表会見に出席。保健体育(ラジオ第2)担当の壇蜜とベーシック英語(Eテレ)担当の渡辺が、それぞれの高校時代を振り返った。

『NHK高校講座』は、高校生の自学自習や、シニア世代の学び直しに人気の番組。36番組(科目)、年間1500本のテレビ・ラジオ講座を放送している。平成28年度は、テレビ・ラジオあわせて新たに10科目が開講された。

 “壇蜜先生”として保健体育を担当する壇蜜は、「健やかに生きるというのは、みんなが願っていることで、目標にしていることでもあります。先生と生徒の間にいるタレントの先生ということで、しっかりいろいろなことをお伝えしていけたら」と意気込んだ。

 また、中学レベルまでさかのぼって英語を学習するベーシック英語について渡辺は、「番組では“劇団NAOMI座”という設定で、いろんな劇を英語で世界に向けてやっていきます。ベーシック中のベーシックな英語がぜんぜん分からないっていう皆さんに向けて、一緒に学んで行きましょうという内容です」と紹介。

 高校時代について、「体育の時間は、気配を消して授業を受けていました。評価は10段階で2か3ぐらいが関の山」と当時を振り返った壇蜜。「せめて座学の保健体育だけは頑張りたいと至極真面目に受けていました。教科書の知識は今でも覚えていることがたくさんあります」と語り、まさに今回の保健体育は適任のようだ。また、ニューヨークへの留学経験のある渡辺は、高校時代は英語が苦手だったことを告白。「EATとFOODしか書けなかった。(五段階評価で)1でした」と話し、思わず壇蜜は「負けた!」となぜか悔しげ。渡辺が「トントンですね」とまとめ、会場の笑いを誘った。

 保健体育ということで、壇蜜には記者から「お色気要素はあるのか?」との質問が。「そういったことをメインに話すのは授業中なのでなかなか難しい」と前置きした上で、「私の私生活は現実的なので、あまり15、16歳の子たちが想像できないようなことも話していきたい。自分の考えが伝われば、ちょっと妄想の幅が広がるんじゃないか」と期待をあおった。

『NHK高校講座/ベーシック英語』(Eテレ)は毎週(月)後2・30~、『NHK高校講座/保健体育』(ラジオ第2)は毎週(水)後8・10~放送中。

【番組概要】
『NHK高校講座/ベーシック英語』(Eテレ)
毎週(月)後2・30~2・40
放送中

『NHK高校講座/保健体育』(ラジオ第2)
毎週(水)後8・10~8・30

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える