• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高橋みなみ「皆さんとなら、どこまでも行ける気がする」最後の劇場公演でファンに感謝

「高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~」

 高橋みなみ25歳の誕生日でもある4月8日に「高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~」が、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた。

 2005年12月8日、AKB48劇場のステージに初めて立ってから10年4か月、高橋みなみが最後の劇場公演のステージに立った。これまでのチームAの劇場公演のシーンが映し出された後、一人ステージに登場した高橋は「桜の花びらたち」をアカペラで披露。観客からは温かい拍手が送られ、1曲目から瞳を潤ませた高橋だったが、笑顔で「始まるよー!」とメンバーを呼び込み、10年前に公演デビューを飾った「PARTYが始まるよ」を披露した。

 高橋が「10年の足跡を振り返らせていただいた」と説明したように、「会いたかった」「誰かのために」「ただいま 恋愛中」「恋愛禁止条例」「目撃者」とチームAが行ってきた1stから6thまでの公演タイトル楽曲をパフォーマンス。

 中盤では、ユニット曲を披露。1st公演の「スカート、ひらり」から「嘆きのフィギュア」「ガラスのI LOVE YOU」「Bird」「純愛のクレッシェンド」「愛しさのアクセル」と続けて披露した。

 卒業公演であると同時に、高橋の最後の生誕祭となったこの公演。参加できなかった篠田麻里子からのサプライズの生電話などで盛り上がり、高橋は「お仕事を頑張る」と25歳の抱負を語った。

 終盤には「RIVER」「大声ダイヤモンド」「唇にBe My Baby」とシングル曲を聞かせ、「最高でした。あー楽しかったー。ありがとうございました」と。

 アンコールでは、「みなみ」コールが響く中、AKB48に在籍した3775日の思い出の映像が流れると、白いドレス姿の高橋が登場。涙を流しながら「背中言葉」を披露した。

 最後に高橋は「本当に楽しかった」「やり残したことはありません」「ただただ10年、感謝です」とファンに感謝の言葉を送り、集まったメンバーたちにも「ついてきてくれてありがとう」と深々と頭を下げた。

 10年の劇場公演を締めくくる最後の曲は「桜の花びらたち」。前田敦子、板野友美ら卒業した1期生たちもステージに集い、高橋の卒業を祝福した。

 すべての楽曲を終え、ステージに残ったのは高橋、小嶋陽菜、峯岸みなみの3人。高橋は最後に劇場ステージの床をポンポンと叩き「ありがとうございました」と声をかけて10年間立ち続けたステージに別れを告げた。

<高橋みなみコメント>
(アンコール明け、「背中言葉」を歌唱後)
終わっちゃう…。終わっちゃうなぁ…。
今ふと、大島優子が卒業したときに言った言葉を思い出しました。「一番悲しいのはAKB48を卒業することじゃなくて、劇場から卒業すること(が一番悲しい)」その言葉の意味が今、分かりました。10年毎日ではありませんが、この劇場に立ち、公演をして、来てくださるファンの皆さまに育てていただきました。本当に感謝しています。
特別公演ということで、最後なので、やりたい曲を全部やらせていただきました。自己満足かもしれませんが、すごく楽しかったです。本当に楽しかった…。今日で、やり残したことは本当になくなりました。やり切りました。
10年は楽しいことだけじゃなくて、つらいこともたくさんあったし、いっぱい泣いてきました。泣いた数のほうが多かったかもしれません。でも、苦しいときこそ、あらためて自分自身と向き合う時間になりました。なんで自分はAKB48に入ってここまでやってきたのか、それは、偽善かと思われるかもしれないけど、本当に本当にファンの方がいたからだと思います。本当にみんながいなかったら頑張れませんでした。本当に辞めたいと思ったことはないと、ずっと言ってきました。でもやっぱり、皆さんに言えないようなところで、心が折れそうになることもたくさんあって、そんなときに「大丈夫?」と言ってくれた皆さんの言葉が私をここまで立たせてくれました。
もうね、言うことがないんだよね…。いっぱいいろんなことをしゃべってきたし、絶対にしゃべれる人だと思われてきたけど、最後は「たかみな」ではなく「高橋みなみ」になってしまうのは、やっぱり劇場だからだと思います。ただただ10年感謝です。最高に幸せでした。今日この日まで応援してくれた皆さんに「ありがとう」と言いたいですし、48グループを支えてくださったスタッフの皆さんにも「ありがとう」と言いたいですし、私が総監督のときについてきてくれて本当にありがとう…。たくさん話してきたし、怒ってきたし、本当に申し訳なかったなって思っています。でも、みんなは聞いてくれていたから、耳を傾けてくれていたから、今日この日まで、務めてこれたなと思います。
横山(由依)には、本当にこのタイミングで総監督を渡すことになって、申し訳なさも正直あります。でも、分かったのは時間は止まらないんだなということです。ずっとずっと進んでいって、14歳から今日で25歳になって、AKB48にずっといたいなって思ったけど、いつかは卒業しないといけない時がくる。さみしいけれど、これからを任せられるメンバーに出会えたことが、私のこの10年の宝物だと思います。これからの未来を残るメンバーに託して、私自身も前に進みたいと思います。「背中言葉」これからも残ったメンバーたち、後輩たちに見せれる背中でありたいと思います。

(最後の曲「桜の花びらたち」の歌唱後)
本当に本当に幸せな10年間でした。(集まった卒業生は)みんな卒業の先輩ですが、みんなに負けないくらい走っていきたいなと思っています。10年は確かに走り続けました。でも、これから先、止まりたくはないので、ずっと走り続けたいと思います。皆さん、ついて来てください。皆さんとなら、どこまでも行ける気がします。本当に応援してくださった皆さんありがとう。そしてAKB48、10年本当にありがとうございました。

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える