• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山崎紘菜が“ZQN”パニックに絶叫!「本当にダメだと思った」

山崎紘菜がリアル脱出ゲーム「ある病院からの脱出」に挑戦

 映像配信サービス「dTV」で配信中の、映画『アイアムアヒーロー』と連動したオリジナルドラマ「アイアムアヒーロー はじまりの日」のストーリーと完全連動したリアル脱出ゲーム「ある病院からの脱出」の世界観を楽しめる、山崎紘菜出演の特別映像“ZQNパニック体感ムービー”が公開された。

 「アイアムアヒーロー はじまりの日」で描かれるのは、映画はもちろん原作でも明かされていない長澤まさみ演じる主人公・藪(小田つぐみ)の看護師時代のエピソード。閉された病院で起こる不可解な事件と、それをきっかけに、“隠された謎=ZQN”の正体が解き明かされていくパニックサスペンスだ。

 そんなドラマのストーリーと舞台設定を、そのままリアル脱出ゲームに移植。リアル脱出ゲーム「ある病院からの脱出」は、病院内で突如“ZQN”の脅威に触れた研修医=ユーザーが、謎を解き病院を脱出することを目指すゲームになっている。ゲーム内には、巧妙な謎の数々が仕掛けられており、脱出成功率は約10%。3月11日のオープン以来、連日参加希望者からの予約が殺到している。

 公開された特別映像では、ドラマで新人アイドル・エリス役を演じ、脱出ゲームのナビゲーター役も務める山崎がゲームに挑戦。ゴールを目指し、謎解きに挑む過程をリアルに収録している。刻一刻とタイムリミットが迫る中、時には恐怖のあまり思わず絶叫してしまうなど、リアル脱出ゲームの世界観を体感している。

 山崎は「途中、本当に(怖くて)ダメだと思ったんですど、すごく楽しかったです。頭と体力を使って、日常生活では味わえない刺激を受けられたので、もう一回チャレンジしたいですね」とリアル脱出ゲームを体験した感想を。また「このリアル脱出ゲームをクリアするには、『アイアムアヒーロー』に登場する“ZQN”について理解していないと難しいと思います。dTVオリジナル『アイアムアヒーロー はじまりの日』では、謎の生命体=“ZQN“の正体に迫る物語を描いているので、脱出ゲームにチャレンジする前にぜひご覧ください!」とメッセージを送った。

特別映像URL(http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005015

<リアル脱出ゲーム×アイアムアヒーロー「ある病院からの脱出」イベント概要>

■ストーリー
あなたは、とある病院に配属された研修医。
本日は新人研修。気合いを入れて臨んだ研修中、いきなり周りの人間が襲いかかってきた!
どうやら彼らは多臓器不全及び反社会性人格障害に侵され”ZQN”と化してしまったようだ。
ここから脱出できないと、あなたもそして周りの人々も、ZQNと化してしまう。
今こそ、あなたが立ち上がる時。
すべての謎を解き、病院内にひしめくZQNから人々を救うことが出来るだろうか?

■会場
後楽園ヒミツキチオブスクラップ
〒112-0002 東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビル5F

■開催日時
8月28日(日)まで※祝日を除く月火定休
11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:00
※水~金は16:00以降の回のみ公演
※入場締切時刻は各回45分後

■料金
前売一般 3,000円/前売学生 2,500円/前売グループチケット 11,600円/当日一律 3,500円(全て税込価格)
※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。

■グループチケットについて
1~4名様のお好きな人数で、1チームを貸し切ってゲームに参加できるチケットです。あなたの家族や友人達だけで脱出を目指してみたい方は、こちらのグループチケットをご利用ください。1~4名様のお好きな人数で、1つのチームを貸し切りにでき、一般チケットを4枚購入するより少しお得になっています。

■入場日時指定チケットについて
入場時間から入場締切時間までのお好きな時間にゲームが参加できるチケットとなっております。入場締切時間までに受付をお済ませください。指定日時以外ご利用できません。

■チケット
ローソンチケット、イープラスにて販売中

主催・企画制作:SCRAP
制作協力:オフィスバーン
協力:小学館 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会

(C)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)2009 花沢健吾/小学館

dTVオリジナル「アイアムアヒーロー はじまりの日」
配信中
出演:長澤まさみ 霧島れいか 浅香航太 山﨑紘菜 ほか
原作:花沢健吾「アイアムアヒーロー」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:長江俊和

dTVサイトURL:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005015

(c)花沢健吾・小学館/BeeTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える