• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

海外で“バカウケ”している日本の“意外なモノ”とは?

海外で“バカウケ”している日本の“意外なモノ”とは?

海外で“バカウケ”している日本の“意外なモノ”とは?

 フジテレビ系で4月17日(日)後4・05~5・20放送の『世界でバカウケJAPAN』の取材会が行われ、MCの谷原章介、天野ひろゆきが収録の感想や番組の見どころを語った。

『世界でバカウケJAPAN』は世界の国々で流行している日本の“意外なモノ”を調査し、紹介するバラエティ。第4弾となる今回は、大久保佳代子がタイ、バービーがスイスを訪れ、流行している実態やその秘密を調査。さらに新コーナーの“バカウケおもちゃダービー”では、日本の観光地に来ている海外の子供たちにインタビューし、お土産に持って帰りたくなる日本のおもちゃNo.1を決定。スタジオメンバーの鈴木福、佐々木健介、おのののか、岸博幸らは、No.1に選ばれるおもちゃを予想する。

MCの谷原と天野のコメントは以下の通り。

―収録の感想をお願いします。
谷原「天野さんとコンビでやらせていただくのは3回目なんですけど、とてもやりやすかったです」
天野「“こんな新しい発見があるんだ”って毎回驚かされます。今回、福君が一番答えを当ててたのが衝撃的でしたね。大人とは違う純粋な目で見ているからでしょうか」
谷原「福君のVTR中のリアクションがすごく新鮮でした。当たった瞬間がうれしそうで。日本の製品や文化を海外の人たちが大切にしてくれていると知ることができるのが、この番組の魅力ですよね。自分たちが当たり前に使っているモノでも、世界に飛び出すと、違った見方があるんだなって」

―新コーナー“バカウケおもちゃダービー”はいかかでしたか?
谷原「面白かったです!古風なモノも出てきて。しかし、意外なおもちゃが1位になりました」
天野「お子さんの年齢で選ぶおもちゃが違ってきますからね。3歳にはこれだ!とか、次は年齢別のおもちゃダービーも見てみたいです」
谷原「僕らが子供のころに遊んだことがあるおもちゃばかりだから、どれが選ばれてもうれしかった」
天野「日本のおもちゃが、ちょっとアレンジされて海外で販売されていたりもしそうですよね。そういうモノも探してみたいな」

―世界で“バカウケするモノ”の共通点は何だと思いますか?
天野「日本のモノづくりは本当に繊細だし、丈夫で壊れないところとかですかね。食べ物に関して言うと、健康と密接に関係しているモノがウケていると思います。総じて新しいモノというよりも、日本人が昔から愛してきたモノが、世界で評価されてるんじゃないでしょうか。こんなモノが今後バカウケするんじゃないかっていう未来予想的なコーナーがあっても、ウケるんじゃないですか。スタッフさん、お願いします!」
谷原「次回の放送でやってみたいですね」

―番組の見どころをお願いします。
谷原「海外でウケているモノって、日本人がきちんと現地の方に合わせて、寄り添って作っている。それが、これから日本が世界の国から愛される大きなヒントになるのではと思いました。まさかあの製品がこんな形になって愛されているとは…っていうところを見てほしいです!」
天野「ずっと日本で愛されているモノで、ちょっと変化させたら違う国でもウケるモノがたくさんあると思います。ぜひ企業の方にもこの番組を見ていただいて、新たな発見をしてもらえたらうれしいですね」

■番組公式サイト http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sekaidebakauke/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える