• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「この絆があれば必ず再び立ち上がれる」ゴリけん、パラシュート部隊、波田陽区らが熊本地震支援活動を実施

ゴリけん、パラシュート部隊、波田陽区らが熊本地震支援活動を実施

 ワタナベエンターテインメント九州事業本部所属タレントのゴリけん、パラシュート部隊の斉藤優、矢野ペペ、波田陽区らが、4月19日、熊本地震被災支援として、福岡市「WITH THE KYUSHU プロジェクト」@旧大名小学校で義援金の呼びかけ、支援物資の荷物運びなどの手伝いを行った。

 熊本県八代出身のゴリけんは、一時、東京に拠点を置くものの、2006年に再び故郷・九州へ活動拠点を戻し、パラシュート部隊は大阪出身でありながら、2006年より福岡に移住し、芸能活動を行っている。また、波田陽区は約2週間前に福岡に引っ越したばかりだが、大学時代を熊本で過ごしており、夫人の実家や親戚も熊本に多く住んでいるという。

 そんな彼らの「地元への恩返しをしたい」という呼びかけに、後輩芸人・タレントが応え、総勢22名での今回の支援活動となった。また、ゴリけん、パラシュート部隊は、3月に発売し、オリコンデイリーランキング1位を獲得した「ゴリパラ見聞録vol.4」DVDの印税を寄付することを発表している。

<ゴリけん コメント>
たくさんの方々が今回の復興のためにたくさんの物資、義援金を持って来て下さり、九州の底力を感じました。
僕が熊本出身ということで「一緒に頑張ってください」というお言葉も掛けて頂き、皆様の温かさに涙が出る思いです。この絆があれば必ず再び立ち上がれると思います。まだまだ状況は厳しいですが、今こそ気持ちを一つにしてみんなで九州の力を見せましょう!!!

<パラシュート部隊・斉藤優 コメント>
すごい数の福岡の方が義援金と物資を持って集まってきて下さいました。同時にボランティアスタッフの方々も長時間頑張っているのを見て、九州が一丸になっているなと感じました。この思いはきっと被災地に届くと思っております。ありがとう、という気持ちになりました。同じ九州というこいとで、みんなが仲間意識をもっていて、九州の絆みたいなものを感じました。涙が出そうになりました。

<パラシュート部隊・矢野ぺぺ コメント>
ボランティアの方や支援物資が予想以上に多く、人のつながりを実感できました。僕らは九州出身ではないですが、僕らを受け入れてくれた九州に感謝尽きません。共に一つとなってこの災害を乗り越えられたらなと思っております。

<波田陽区 コメント>
夜7時を超えて暗くなってきた中でも、
本当に多くの方々が「少しでも役に立てて下さい」と仰って義援金の寄付をして下さること、物資を運んできて下さる皆さんの思いに胸が熱くなっています。
これからも九州の一員として引き続き、強い思いでこの震災の支援を続けていきたいです。
みなさん一緒にがんばりましょう。

「WITH THE KYUSHU プロジェクト」とは…
高島・福岡市長が、大西・熊本市長と連携しながら、本当に現場が必要としている物資を的確に福岡県に集め、届けるというプロジェクト。支援物資を、流通網が強い福岡市天神の旧大名小学校(福岡市中央区大名2丁目6-11)で管理を行い、熊本市と綿密に連絡を取りながら、本当に必要な情報のみを届けている。(高島市長のブログ・フェイスブックより)

高島宗一郎・福岡市長ブログURL(http://lineblog.me/takashima/archives/58480494.html

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える