• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

志田友美が映画初主演!「トイレの花子さん」の完全新作映画、今夏公開決定

「トイレの花子さん新章~花子VSヨースケ~」

 1995年と98年に映画化された“トイレの花子さん”の完全新作映画「トイレの花子さん新章~花子VSヨースケ~」が2016年初夏に公開されることが決定した。

 新作では、“花子さん”と同じく、学校に住み着き、男子トイレに出没するという都市伝説の“ヨースケくん”が登場する。“ヨースケくん”は、名前を呼びかけて3秒以内に逃げないと殺されてしまうという、神奈川県を中心に広がっている都市伝説。物語は、バンドの仲良しグループが廃校に忍び込むところから始まる。深夜の廃校に現れる血塗られた悪霊に呪われ、グループの少女が命を奪われてしまう…。悪霊の正体とは?そして“ヨースケくん”がどのように物語に登場し、“花子さん”と対峙するのか――。

 主演を務めるのは、本作が映画初主演となる志田友美。ファッションモデルとしてデビューし、アイドルグループ・夢みるアドレセンスのメンバーとして活躍、女優としても『仮面ライダー鎧武/ガイム』のヒロインを演じるなど、マルチな才能を見せている注目株だ。ほかに、多田愛佳(HKT48)、淳士(SIAM SHADE)、横山ルリカらが出演する。

 志田は「心霊は苦手ですが、ホラー映画は大好きだし『トイレの花子さん』という誰もが知っている都市伝説で主演を演じることができてうれしいです!」と初主演の喜びを語っている。

「トイレの花子さん新章~花子VSヨースケ~」
2016年初夏、全国順次ロードショー

<ストーリー>
除霊師の見習い雫音(志田友美)は師匠の美代と除霊の旅に出ていた。その最中、ふざけて廃校に忍び込み肝試しをしたロックバンドのメンバー、ミカ(多田愛佳)、ジョー(淳士)、メンバーの知り合い亜紀(横山ルリカ)が悪霊に襲われる。その悪霊に命を奪われる亜紀。メンバーはその事件におじけづき、美代と雫音のところへお祓いに来るのだが…。

出演:志田友美(夢みるアドレセンス) 竹内えり 杉江大志 加藤明子/多田愛佳(HKT48) 淳士(SIAM SHADE)/横山ルリカ 難波圭一
監督:鳥居康剛
脚本:植田賢
制作:楽天株式会社、株式会社チャンスイン
配給・宣伝:株式会社チャンスイン
主題歌:『ファンタスティックパレード』夢みるアドレセンス(Sony Music Associated Records)

公式サイト(http://chance-in.com/hanakovsyosuke/

(C)2016 劇場版『トイレの花子さん新章~花子VSヨースケ~』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える