• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

桂歌丸「恩は返さなきゃいけない」と『笑点』への思いを告白

桂歌丸「恩は返さなきゃいけない」と『笑点』への思いを告白

桂歌丸「恩は返さなきゃいけない」と『笑点』への思いを告白

 人生の“終い方”(しまいかた)をテーマに、1人ひとりの人生の終い方に密着する『NHKスペシャル 人生の“終い方”~あなたが最後にしたいとは~』の収録が横浜にぎわい座で行われ、番組の司会進行を務める桂歌丸が取材に応じた。

 番組出演について「ドキュメンタリーで私を追いかけてくれるものだと思ったら、こういうあれだと聞いたもんですから、えらいことになったな」という歌丸。「でも考えてみれば、必ず終わりはあるんですから。自分でも考えなければならないことなので、いい番組に出させていただいたなと思います」と振り返った。

 番組で紹介される3人の人生の終い方に「私もお手本にしないといけない」と感じたという歌丸は、自身の終い方について「財産はありませんからね。自慢じゃありませんが、私の財産はお墓だけ。お墓の心配はない」と笑いながらも「あえて家族やなんかに言うことはないですけど、お礼は言わないといけない」と語った。

 2015年にも腸閉塞で入院するなど、入退院を繰り返す歌丸は、それでも公演を続ける。「高座の上で死ねれば本望」と語る落語への情熱は、「やっぱり引き受けている以上は責任があると思います。責任を果たすのは当たり前だと思っているので」と語り、さらに、「普通だったら私が入院した時点で、番組(司会)は他の方になると思うんですが、あの番組(笑点)はしなかった。私が帰ってくるのを待っていてくれた。その恩は返さなきゃいけない」と笑点への思いを告白した。

『NHKスペシャル 人生の“終い方”~あなたが最後にしたいとは~』はNHK総合で5月中旬以降に放送される予定。司会進行は桂歌丸、ナレーションを樋口可南子が務め、漫画家・水木しげるや最近亡くなった著名人の知られざる終い方にも迫っていく。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える