• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

主人公以外はすべてCG!ディズニー新作「ジャングル・ブック」8・11日本公開決定

「ジャングル・ブック」

 ディズニーが贈るエンターテイメント巨編「ジャングル・ブック」の日本公開が、8月11日(木・祝)に決定した。

 物語の主人公は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年・モーグリ。自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳い上げる感動の生命の讃歌だ。

 モーグリ役に抜擢されたのは、2000人ものオーディションから選ばれた12歳の新人ニール・セディ。ジョン・ファヴロー監督も「彼に特別な“何か”があるのは一目瞭然だった」と絶賛する新星が、物語に登場するたった一人の“人間”を演じる。

 強烈な個性を放つ動物たちの役には、ハリウッドを代表する豪華スターが声優として終結。ベン・キングズレー(クロヒョウのバギーラ)、ビル・マーレイ(クマのバルー)、ルピタ・ニョンゴ(オオカミのラクシャ)、クリストファー・ウォーケン(巨大なサルのキング・ルーイ)、スカーレット・ヨハンソン(ヘビのカー)など、主役級の名優たちが動物たちに命を吹き込んでいる。その名演技は、The Hollywood Reporterの評論家トッド・マッカーシーにより「並外れた美しい英王は傑出したボイスキャストによって支えられている」と絶賛された。

 メガホンをとるのは、「アイアンマン」シリーズの大ヒット・メーカー、ジョン・ファヴロー。さらに、2度のアカデミー賞に輝く視覚効果スーパーバイザーのロバート・レガートをはじめとする、ハリウッド最高峰の映像制作チームが結集。実写もアニメーションも超えた最先端の映像テクノロジーによって、モーグリ以外は動物も大自然もすべてがCGで表現されている。現実以上にリアルでありながら、現実世界には決して存在しえない“人間味”あふれる動物たちや、息をのむほど美しいジャングルが誕生した。

 日本公開に先駆け、現地時間4月15日(金)に全米4028スクリーンで公開された本作は、全米初登用1位を獲得。公開3日間で興行収入約1億356万7000ドル(約111億8520万円)の大ヒットスタートとなり、4月に公開された映画で歴代第2位の記録となった。

 さらには全世界49地域で公開され、興行収入2億9千96万7000ドル(約314億2440万円)を達成。圧倒的な映像美で映し出される力強い生命の物語に「並外れた映像クオリティとまるで生きているかのような動物たちの演技が忘れられない」(The Hollywood Reporter)、「信じられない!魅了されるテクノロジーとクラシックな作品の融合はあなたも好きになる!」(XETV CLUB/Kelli Gillespie)など、各メディアからも絶賛の声が届いている。また、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」のトップ批評家による評価でも、95%という高評価を獲得している。

 映画「ジャングル・ブック」は8月11日(木・祝)公開。

<ストーリー>
ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、クロヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。モーグリはバギーラからは自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれる。ある日、幸せな生活を送るモーグリの前に、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか?それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか?今を生きる全ての人に捧げる奇跡のエンターテイメント。

『ジャングル・ブック』
8月11日(木・祝)全国ロードショー

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える